ラレーのカールトンにかつて「ヴィンテージ」モデルがあった

「ラレー」は自転車の歴史を作ってきたと言ってっも過言ではない、イギリスの老舗ブランドです。

日本では、ホイールのリムで有名な「アラヤ工業」が企画・製造を行っています。

ラレーの伝統と格式を重んじながら、日本人に合った物作りをしています。

今回テーマに上げる「カールトン」はラレーの全ロードバイクに付いている冠で、ヴィンテージは2014年まで販売されていましたので確認してみましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

惜しまれつつ去ったビアンキのクロスバイクcieloを振り返る

ビアンキのクロスバイク「cielo(シエロ)」は定番だったのですが、2018年シーズンより、ライ...

bianchiのロードバイクでサイズをどう選ぶかを知りたい!

ロードバイクを最初に購入する際に、必ずと言って良いほど考える必要があるのがサイズです。適性身...

シマノ・アルテグラDI2のインプレ情報に見る異次元の高性能

シマノには一般的な機械式変速の他に、電動で変速を行うコンポがあります。発売当初はハイエン...

giantのロードバイクでなぜ「ocr3300」が流通するのか

giantのロードバイク「ocr」シリーズは日本では2008年に販売が終了、その後2011年、1シー...

流れは来ている!シマノホイールのディスクブレーキモデル

ロードバイク界にも、近年ついにディスクブレーキ化の波が押し寄せてきています。プロロードレース...

シマノULTEGRAの電動変速「DI2」で一歩先を目指す!

シマノには上位グレードの「DURA-ACE(デュラエース)」と「ULTEGRA(アルテグラ)」に...

MTBの流行とメリダ「ビッグセブン」の評価の関係に迫る

メリダのMTB「ビッグセブン」シリーズは、27.5インチホイールを採用したクロスカントリー向けモ...

ロードバイクのホイールによるエアロダイナミクスの重要性!

ロードバイクのホイールは年々変化があり、進化しています。変化する項目としては、ハブ・スポーク...

メリダの「リアクト4000」のコスパに溢れる魅力とは?

メリダがロードバイクを提供するUCIワールドツアーチームの「バーレーン・メリダ」が、レースでも使...

アンカーのRS6はアルミフレーム車!カーボンとの違いは?

ロードバイクの今の主流はカーボンフレーム車ですが、アルミフレームも入門モデルを中心に根強い人気が...

ロードバイクのタイヤに傷が付いた!修復か?それとも交換?

タイヤはロードバイクの中で唯一地面と接触している部分なので、摩耗は当然ですが、傷付いたり、亀裂が走っ...

キャノンデールの怪童caad10!重量の軽さだけが自慢じゃない

キャノンデールのcaad10はアルミバイクとは思えない重量の軽さと性能から、名車として知られています...

ロードバイク選びの参考に!ピナレロの評価を多角的に検証

ロードバイクを購入する際には、どんな製品なのかを確認するはずですが、その時に多くの方が評価を気に...

soraのsti3400は操作方法が違う!親指シフトって何?

シマノのロードバイク用コンポでは、上から5番目のグレードになるのが「sora(ソラ)」です。...

ANCHORのクロモリロード「RNC3」をどうカスタムする?

ロードバイクに乗っていると、早かれ遅かれカスタムに直面することになります。全てのパーツが...

スポンサーリンク

ラレー・カールトンヴィンテージは「アラヤ工業」の企画!

ラレーのロードバイクのカールトンシリーズは、全てクロモリなどのスチール素材であり、アルミやカーボンは使用されていません。

クロモリなどのスチールは重いので、フレームのチューブとして使用する際は細くする必要があります。

それが、あの独特の細身でクラシカルな雰囲気を醸し出します。

また、クロモリは非常に丈夫で耐久性に優れており、各メーカ共に20年は乗り続けられるフレームと謳っています。

日本で展開されているラレーの自転車も、細身のチューブでクラシカルな雰囲気があり、恐らくこれがラレーの伝統なんだろうと思わせます。

ただし、日本でのラレーブランドは、完全にアラヤ工業の企画・製造なので本国ラレーは全く関わっていません

現在イギリス本国のラレーは、アラヤ工業が製造しているクロモリロードのようなクラシックな雰囲気なバイクはほぼ扱っていません。

ですから、むしろラレーの伝統は、現在アラヤ工業が守っているとも言えます。

カールトンに「ヴィンテージ」という名前まで付けて復刻版を販売したのが、その証拠でしょう。

ラレー・カールトンは完全ホリゾンタルスタイル

「カールトン」はレース車専門のワークスショップでしたが、1960年代にラレーグループに買収されました。

これは推測ですが、今でもロードバイクの冠名になっているほどですから、よほど優秀なフレームビルダーだったのでしょう。

前項でお話したように、現在もこだわっているのは、日本でのライセンスを持つアラヤですが、ラレーのロードバイクの伝統はカールトンが築いたものです。

クロモリ素材のロードバイクは、今では完全に趣味の域と言って良いでしょう。

重量や剛性の関係から、レース機材としては採用されにくいですからね。

また、フレームが頑丈で長持ちするので、ひとつの機種がロングセラーになります。

さらに、固定ファンが付いていますので、今でも主流はトップチューブが地面と平行に真っ直ぐ取り付けられている、ホリゾンタルスタイルです。

ラレーのカールトンシリーズも全てホリゾンタルスタイルであり、昔ながらのダイヤモンドフレームです。

2014年までラインナップされていたカールトンヴィンテージなども、本当にきれいな前三角の形が特徴です。

ラレーのロードバイクの特徴

ラレーのカールトンシリーズは2018年モデルでは、完成車6種類、フレームセット2種の展開になります。

フレームは全てイギリスの老舗鋼管メーカーである、「レイノルズ」のチューブを使用しています。

レイノルズのチューブを使用したロードバイクは、ツール・ド・フランスで25勝以上もしている素晴らしい実績の持ち主です。

日本製ラレーのもうひとつの大きな特徴は、ホイールです。

アラヤは国内最大手の「リム」製造メーカーでもありますので、ラレーの完成車には全てアラヤのリムが使用されています。

ハブやスポークは他メーカー製のものを使っていますので、アラヤの手組みホイールということになります。

また、コンポに「シマノ」、ハンドルに「日東」、タイヤの「パナレーサー」など、国産メーカーのパーツを組み合わせています。

これがアラヤの「メイド・イン・ジャパン」へのこだわりと言われています。

後述しますが、こういったパーツの組み合わせにも一石を投じたのが「カールトン・ヴィンテージ」でした。

ラレー・カールトンヴィンテージを振り返る

ここで2014年まで販売されていた、「カールトンヴィンテージ」を振り返ってみます。

フレームはレイノルズの「631」番のチューブで、現在もミドル~ハイグレードに採用されています。

サイズは480(mm)、520、560で、従来のものと比べると小さいサイズがカットされています。

ジオメトリは今もラインナップされている「カールトン・F」と全く同じで、特に偏りなくバランスを重視したものになっています。

最大のセールスポイントは「BROOKS(ブルックス)」の本革サドルと、バーテープを使用しているところです。

ラレーよりも歴史の古い革サドルのメーカーで、現在も製造を続けている希少なメーカーです。

以前から多くのサイクリストに愛用されてきた、スポーツモデルのサドルが採用されています。

サドルは他のメーカーのロードバイクでもたまに見かけますが、バーテープまでブルックスの本革製は非常に珍しいです。

サドルとハンドルに統一性が出て、デザイン的にもクラシカルなイメージを演出しています。

カールトンヴィンテージはコスパが高かった

ラレーの「カールトンヴィンテージ」を振り返っていますが、コスパの高さが印象的です。

先述したように、フレームは現在のカールトンFと同じですし、カールトン・Fが16.2万円、ヴィンテージが16万円ですから価格も同じようなものです

そこで、両者を組み合わせたパーツで比較してみます。

コンポは両者ともにシマノ「105」のフルセットですが、105のリア11速化は2014年6月です。

そのため、ヴィンテージの最終年である2014年モデルはリア10速で、Fはもちろん11速です。

ホイールのリムは同じものを使用しており、ハブがわずかにカールトン・Fの方が上級です。

しかし、タイヤは同じパナレーサー製でも、ヴィンテージは上位グレード、Fはミドルグレードです。

そのため、11速化されたこととハブではFが優位ですが、タイヤで行って来いだとすると、サドルとバーテープの分ヴィンテージの方がコスパが高いと判断できます。

カールトン・Fのサドルは市販品ではないので価格は比較できませんが、本革製というプレミアム感を考えればヴィンテージが優位ということになります。

ラレーカールトンシリーズのハイエンドモデル

カールトンヴィンテージは製造が終了していますので、今となっては入手が困難な状態です。

そこで最後に、私がおすすめしたいラレーのロードバイクをご紹介します。

【Carlton-R(カールトン・R)】参考価格:¥295,000

こちらは、カールトンシリーズのハイエンドモデルになります。

フレームはヴィンテージと同じレイノルズの「631」を使用しています。

フロントフォークは、これも世界的なチューブメーカーである「コロンバス」製のフルカーボンフォークを使用しています。

2017年にモデルチェンジされたシマノ「アルテグラR8000」のフルコンポに、こちらも評判の良いシマノのホイール「WH-RS500」を採用しています。

ワイヤーをチューブに内蔵する仕様にしたり、ヘッドチューブを剛性の高いインテグラルヘッドにしています。

クラシカルな見た目はそのままに、現在のロードバイクのトレンドを適度に取り込んだ、面白みのある1台に仕上がっています。

ラレーのロードバイクは進化している

今回は、日本で販売されているラレーのロードバイクを紹介しました。

カールトンヴィンテージの生産終了は残念ですが、その他のバイクも着実に進化しています。

従来のクロモリファンの方はもちろん、スチールフレームに興味のある方は、ぜひ選択肢に入れていただきたいメーカーです。