フルクラムのレーシング1を知っていますか?インプレで確認

フルクラムと言えばカンパニョーロの子会社として有名ですが、今や親会社にも劣らない超人気ホイールメーカーです。

主力はアルミリムの「レーシング」シリーズですが、かつて、ハイエンドモデルのレーシングゼロに非常に近い「レーシング1」が存在していました。

現在は製造をしていませんが、通販サイトではまだ販売が継続していますので、インプレなども参考にしながら確認していきましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

自転車のメンテナンス方法!!ママチャリの場合

ママチャリといえば、日本人にとって一番なじみのある自転車かも知れません。ホームセンターなどで...

道路交通ルール、自転車の道路や交差点での優先順位とは?

安全、円滑な交通は道路利用者が道路交通法を正しく理解する必要があります。そこで、道路や交差点...

自転車日本一周旅行に必要な5つのカスタムをブログから調査

実際にロードバイクで日本一周旅行をした人のブログを見ると、旅前に必要となる様々なことが分かります...

自転車のブレーキワイヤーを安全に固定する方法を覚えよう!

自転車での雨天走行後には、ブレーキが非常に汚れます。そのため、ブレーキ本体を取り外し、清掃を...

歩道を自転車で走ることや逆走は違反!ルール違反の危険性

近頃、自転車に乗っている方を多く見られるようになりました。自転車が増えた一方、マナーをきちんと守...

意外と知らない交通ルール!自転車は停止線を守って走ろう

マンガやアニメの影響で、ロードバイクに乗る人が増えています。しかし、自転車人口が増えた影響か...

ロードバイクのタイヤは700c!インチに換算してはダメ

いきなりですが、ロードバイクのタイヤサイズは「700c」と覚えてしまってください。これからお...

自転車による接触事故!どんな対応をすればいいの!?

自転車に乗っている人なら誰でも起こりうる接触事故。自転車に乗るのに特別な免許などは必要ないので、...

お洒落なロードバイク!タイヤの小さい自転車のメリットとは

タイヤ径の小さいロードバイクを見ると、どれもお洒落でなんだか惹かれますよね。お洒落に自転車を...

シマノホイールはヒルクライム向き?ヒルクライム向きとは?

登坂競技であるヒルクライムは集団走行になりづらく、集団内での接触や小競り合い、また駆け引きなども...

ロードバイクのタイヤの寿命はいつ!?交換目安について

ロードバイクタイヤの寿命や交換時期については、人によって、実際の使用状況の差があるので違いが出ます。...

サドルのセッティングは前下がり?それとも前上がり?

ロードバイクのサドルの角度は、標準的なセッティングとしては、水平にする場合が多いです。し...

ストライダーは2歳の女の子でも「アリ」と言えるのか?

ストライダーは2歳から乗れるペダルなし自転車で、世界150万人のお子さんが愛用していると言われて...

通勤手当ってどんなもの?自転車通勤に適した距離は?

社会人のあなたは、会社へは何で通勤していますか?自動車、電車、徒歩、それとも自転車ですか?...

自転車タイヤの空気がすぐ抜ける!虫ゴムをチェックしよう

この間、自転車のタイヤに空気を入れたばかりなのに、もう空気が抜けている・・・なんてことないですか?...

スポンサーリンク

フルクラムとは

レーシング1の確認をする前に、フルクラムについて簡単に触れておきます。

フルクラムは、世界的な自転車パーツメーカーのカンパニョーロが立ち上げた、ホイール専業メーカーです。

カンパニョーロはコンポでは、シマノにシェア面でかないませんので、シマノのユーザーにも自社のホイールを使用してもらうには、どうしたら良いかと考えたわけです。

しかし、自社でコンポを扱っている以上、あからさまにシマノのスプロケットに対応するホイールを製造するわけにはいかなかったので、フルクラムを立ち上げたと言われています。

現在は、自社のホイールにもシマノのスプロケに対応するモデルを出していますが、当時は意地を張っていたのでしょうか…。

そういった立ち上げ背景もあったので、フルクラムは当初「カンパのシマノへの媚売りメーカー」とインプレなどで揶揄されていました。

実際に立ち上げ当初は、全製品がシマノのスプロケ専用だったので、そう言われても仕方無かったわけです。

現在は、世界有数のホイールメーカーとなり、カンパとは違う技術を投入して、独自路線を歩き始めてもいます。

フルクラムはアルミリム上位モデルのインプレ評価が高い

フルクラムの主力製品は、アルミリムの「レーシング」シリーズです。

2017年モデルを確認しますと、上位グレードから順に「ゼロ」「3」「クアトロ」「5」「7」となっており、先述通り、レーシング1はライナップされていません。

レーシングシリーズはリムハイト35mmのクアトロを除くと、ゼロ,3の上位組と5,7の下位組の差が、かなり激しくなっています。

例えば、スポークの組み方ですが、これは各メーカーが独自の技術を投入する代表的な部分です。

フルクラムも、「2:1 Two-to-Oneスポークレシオ」という、独自の技術を採用しています。
スポークの本数をフリー側2:1反フリー側にして、フリー側により動力が伝わりやすくなっています。

また、スポークテンションのバランスを取っているので、振れが出ずらい設計になっています。

この技術は、ゼロと3には(クアトロも)採用されていますが、5,7には採用されていません。

また、ハブのベアリングも差がつけてあり、5と7はシールドベアリングですが、3とゼロはカップ&コーンです。

どちらのベアリングが優れているかということではなく、3とゼロにはカップに特殊加工がされています。

そのため、ゼロは最初からセラミック製のボールベアリング、3はスチールですが、後にセラミックにグレードアップさせることができます。

このようなスペックの違いがあるので、インプレではゼロや3は称賛され、5や7は酷評が目立ちます。

レーシング1は、ゼロと3の中間に位置づけられていたようです。

フルクラムレーシング1のインプレ

それでは、フルクラムのレーシング1のスペックを確認してみましょう。

レーシング1はレーシングゼロの廉価版という位置付けで、使用されているパーツが、少しだけグレードダウンしています。

当時のインプレを参考にすると、リムの重量が25g、ゼロより重いとあります。

また、ハブのシェルがゼロはカーボン、1はアルミ。
べアリングがゼロはセラミックボール、1はスチールだったようです。

価格差が2~3万円ほどありますので、ハブによるところが大きいと言えます。

現在は、カンパニョーロの「ユーラス」と「シャマルウルトラ」が、この関係にあります。

インプレの使用感を見てみると、加速性や登坂能力のゼロに対し、1は巡航性の高さが指摘されています。

ゼロが「良く回る」ホイールなら、1は「良く走る」と評されています。

この辺りはスペックからでは、想像しずらい個人的な感覚もあると思いますが、いずれにしても優れたホイールだったことはうかがえました。

インプレでは上位グレードの方が好評価される

フルクラムがレーシング1とゼロで行った、微妙なスペックの違いで格差を出す方式は、他のメーカーにも見られます。

先述通り、カンパニョーロのシャマルとユーラスは、今でもこの関係ですし、シマノもデュラエースのリムを使用した廉価版がありました。

しかし、レーシング1は既に製造されていませんし、シマノも2018年のラインナップには、デュラエースの廉価版はラインナップされていません。

カンパにしても、インプレを見る限り、ユーラスに比べるとシャマルの評価が高いのは明らかです。

いずれも10万円前後のハイグレードなホイールなので、そこまでレベルが上がると価格差が2~3万円あっても、より上級のスペックを持つほうが、人気があるということになります。

それでも、レーシング1とゼロの関係で言えば、ほぼハブのベアリングの差だけです。
そこに優位性を感じなければ、2万円でも安い1が選ばれたのではないかと思われます。

レーシング1はアルミスポーク

フルクラムのアルミリムホイールは、全体的に剛性が高いことで有名です。

「硬い」という表現でも差し支えありませんが、レーシング1も、やはり剛性の高さがインプレで多く指摘されています。

フルクラム全体の剛性の高さは、リムの強さからきているわけですが、レーシング1はさらに、スポークがアルミ製です。

スポークをアルミにすることで反応がさらに良くなり、漕いだら漕いだだけ進むような、レーシーな剛性の高いホイールになります。

しかし、これは乗り手の脚力によるところが大きくなりますので、場合によっては、硬すぎて脚にくるだけのホイールになってしまいます。

また、ホイールの剛性は、乗り心地にも関係してきます。

硬いホイールは乗り心地を両立できるものではないので、どうしても当たりが強く、ハードな乗り心地になります。

実際に、シマノのデュラエースはハイエンドモデルですが、アルミよりも柔らかいステンレススポークを採用しています。

シマノは全体的に剛性が低いとされていますので、スポークだけで剛性が決まっているわけではないですが、乗り心地も考慮に入れた選択ではと言われています。

レーシング1はレーシングゼロに集約された

これまでの話でお分かりいただけたかと思いますが、レーシング1はレーシングゼロの人気に追いつかず、少し厳しい言葉を使えば「淘汰」された形です。

インプレを色々と確認しましたが、スペックの違い以外にも、走りに多少の味付けの違いはあったようです。

しかし、いずれも決定的な違いではないように感じました。

これは、よく議論されることですが、フルクラムやカンパニョーロが上位モデルに採用している、ハブのセラミック製のボールベアリングの効果についてです。

スチール製ボールとの違いを、はっきり感じる人もいれば、それほど感じない人もいます。

また、ハブのシェルがカーボンとアルミの違いも、ハブはリムより重いほうが、よく転がるという原理からすればアルミで良いとも言えます。

そのため、レーシングゼロとレーシング1は、それほど性能に差がなかったと判断できます。

そのため、レーシングゼロを購入したいと考えているのなら、市場に残っているレーシング1も視野に入れて、検討しても良いかと思います。

レーシング1はまだ在庫がある!

今回は、フルクラムのレーシング1についてお話しました。

レーシングゼロの廉価版という位置付けでしたので、人気が出なかったようです。

スペックはそこまで大きな違いはありませんので、性能はレーシングゼロに、かなり近いと推測されます。

購入する場所によっては、レーシング1が大幅に値下げされていることもあるようですから、積極的に狙ってみても良いのではないでしょうか。