ロードバイクのタイヤは細い?太い?用途で見る適正な太さ

ロードバイクに初めて乗った人が、まず驚くのは、タイヤが細いことです。

ママチャリなどに比べると、15mm程度細くなりますので、相当細いと感じるはずです。

しかし、自転車全体で見れば、細いタイヤを履いているロードバイクですが、現在は太いほうにシフトしています。

そこで今回は、ロードバイクの現在のタイヤ事情を確認してみます。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

ロードバイクのホイールに”赤”をまとうのはどうか?

ホイールは、面積の大きさから「ロードバイクの顔」とも言われます。車輪ですから、駆動の要として...

カーボンフレームの特徴と、内部のクラックを調べる方法

カーボンといえば、スポーツバイクでも人気のあるフレームですね。高価なカーボンですが、強い衝撃...

シマノのロードバイクギアの互換性を確認し確実なカスタムを

多段化されているロードバイクには前後にギアの歯車が複数枚あり、チェーンを掛け替えることでギアチェ...

ロードレースのルール背景とフレーム素材や加工の可能性

ロードレースに使われる自転車のフレームは、皆同じ形ですが、それはなぜなのでしょうか。ロー...

ロードバイクのタイヤを新品にした場合の交換方法と注意点!

タイヤが磨り減るとパンクしやすくなるため、1年から2年に一度はタイヤ交換が必要になってきます。...

ロードバイクのハンドル幅は基本肩幅!?狭いとどうなるの?

ロードバイクのドロップハンドルは、初心者にとっては新鮮で、頼もしく感じるものですよね。ハ...

ロードバイクのホイール交換でコスパの良いホイール紹介

ロードバイクはパーツ交換を交換することで、性能を良くすることが出来ます。その中でもホイールは...

日本が世界に誇るシマノ製コンポの実力!ロード用を確認する

ロードバイクのコンポは、世界三大メーカーと言われる、シマノ、カンパニョーロ、スラムがほぼ独占状態...

ロードバイクのホイールを通販で購入するのはアリなのか?

ロードバイクのホイールやコンポを交換する際に、皆さんはどこで購入されますか?お店に行って現物...

フロントフォークにオイル漏れが!オイル漏れ時の対処法は?

自転車に使用されているフロントフォークですが、フォーク内にはオイルが使用されています。ここは、...

giantのコスパに優れたロードバイクをおすすめします!

giant(ジャイアント)は、世界一の販売台数を誇る台湾の自転車メーカーです。日本でも専門店...

ロードバイクのシートポストをグリスアップ!固着を防ごう

ロードバイクのシートポストをメンテナンスした事はありますか?シートのポジションが決まってしま...

ロードバイクのシフターは角度を調整して姿勢を変える!

ロードバイクに乗るときの姿勢で乗り方や体への影響が変わってくることをご存知ですか?この姿...

SHIMANOのコンポをCLARISから105にグレードアップ!効果は?

SHIMANO(シマノ)のCLARIS(クラリス)といえば、エントリーグレードの完成車に装備され...

日本人に合うサイズのメーカーとは?女性向きもご紹介

現在は以前と比べ、女性がロードバイクなどに乗っている姿を良く見かけるようになりました。しかし...

スポンサーリンク

ロードバイクのタイヤは太さだけ変えられる

ロードバイクに採用されているタイヤは、スポーツ自転車の中でも、かなり口径の大きい部類になります。

現在は、ほぼ「700c」という規格に統一されています。

これはタイヤの外径が700mmで、タイヤがはまるホイールのリムの規格が「c」という意味です。

リムの規格については難しく考えずに、ロードバイクは「c」と暗記してしまって構いません。

そのため、ロードバイクのタイヤは700cのホイールに適合するものであり、ホイールを交換しない限り、大きさを変えることはできません。

タイヤのサイズには、もうひとつ「太さ(幅)」が大きく関係してきます。

タイヤの太さは、リムの幅やフレームとのクリアランスの問題さえクリアできれば、自由に選択することができます。

理屈上はそうでも、実際には制約が大きく、太いタイヤはフレームに入らない可能性が高いです。

しかし、現在、ロードバイクのタイヤは25c(25mm相当)が主流になっており、太いほうにシフトしてきています。

ロードバイクのタイヤが太いほうにシフトしている理由

ロードバイクは市販されているので、我々エンドユーザーにも届いていますが、元来はロードレースの機材です。

そのため、ロードレースでプロが採用したものがトレンドとなり、その後、市場に出回るのが流通の形です。

タイヤにおいても、プロがこれまで使用していた23c(23mm)から25cにシフトしたことで、一般市場も25cが主流になったわけです。

タイヤの太さはスピードに密接に関わると言われ、細いほうが地面との摩擦が少ないので、スピードが出るとされていました。

しかし近年、23cと25cを同じ空気圧で比較した場合、25cのほうが変形率が低く、パワーロスが少ないことが分かってきました。

プロレーサーの脚力でパワーロスしないことは、とても重要なので、25cが重用されるようになったと聞いています。

しかし、同じ空気圧での実験結果という点に、意義を唱える人もいます。

空気圧は細いタイヤほど高くなり、太いタイヤほど低くなりますので、同じ空気圧で実験した場合、どちらかに有利状況になってしまうということです。

いずれにせよ、現在は完成車のほとんど25cが標準装備になっており、トレンドであることは間違いありません。

ロードバイクでは細いタイヤにもメリットがある!

現在のロードバイクのタイヤは、25cにシフトしてきましたが、23cやそれより細いものが、消えたわけではありません。

細いタイヤは単純に軽いですから、プロでも山岳ステージなどでは、23cを使う選手もいます。

ホビーライダーにおいても、漕ぎ出しの軽さ、坂の上りでの楽さは細いタイヤのほうが勝りますので、23cを重用しているという人もいます。

普通の脚力の人が、23cと25cのパワーロスの差を、どこまで感じ取ることができるかと言えば、かなり微妙でしょう。

何が言いたいのかと言えば、細いタイヤにもまだまだ有用性があり、用途によっては23cのほうが適している場合もあるということです。

実際にフレームメーカーも、太いタイヤを履けるクリアランスを確保し始めたのは、最近のことです。

現在、市場に出回っている多くのロードバイクは、20~25cまでのタイヤに適した形状です。
そのため、急激に太いほうへ傾くことは、当面ないとみて良いはずです。

太いタイヤのメリット

ここまでの話の中で「用途」という言葉を多く用いていますが、タイヤの太さはロードバイクにどう乗るかによって決まってくるものです。

太いタイヤは中に入る空気が多くなりますので、空気圧が下がり、クッション性が増します。
その分、衝撃吸収性が高くなり、乗り心地が良くなります。

地面からの振動は、ボクシングのボディブローのように、後からジワジワ効いてきます。
それだけに、距離を乗るロングライドには、少し太いタイヤのほうが適していることになります。

また、細いタイヤに比べれば、前に進むことに対する抵抗力(転がり抵抗)が減りますので、巡航性が上がります。

漕ぎ出しが重く、スピードに乗るまでに時間が掛かりますが、落ちるのにも時間が掛かるので、スピードが維持しやすいです。

あまり太過ぎると別の問題が出てきますが、少なくとも25cは23c以下に比べて、巡航では優位というデータは立証されています。

そのため、平地がメインで、信号のない一本道を高速で走るような乗り方なら、25cが適しています。

ロードバイクに28cのタイヤは太い?

ロードバイクのタイヤが25cにシフトしてきているのは、お伝えしている通りですが、最近の完成車には28c以上のタイヤを履ける形状のものも増えてきました。

特にヨーロッパの石畳レースを走ることを想定され、衝撃吸収性を高くしている「エンデュランスモデル」に、その傾向があります。

また、28cは街乗りのクロスバイクの主流の太さです。

ロードバイクも用途が多様化しているので、街乗りにも用いられるようになっています。

28cのタイヤ使用者の声を聞くと、乗り心地の変化は当然ですが、安定感を推す声が多いです。
冒頭でも話をしましたが、28cといっても、ママチャリに比べれば、まだ約10mmは細いです。

そのため、ロードバイクのスポーツライクな部分を殺してしまうことはありません。

ネットには、「ロードバイクで太いタイヤを履く意味はない」「クロスバイクにしておけ」のような辛辣な意見もあります。

しかし、細いタイヤで我慢して走っているくらいなら、周りを気にせず、太いタイヤにしても良いのです。

自分がどう走りたいかを優先して考えれば、おのずと答えは出るはずです。

同じ太さでもタイヤの性質を変える工夫

先述した通り、ロードバイクのタイヤは太いほうだと、フレームとのクリアランスの問題で、入らない可能性があります。

そこで、28cにしたいけどフレームの問題で断念している場合は、少し考え方を変えて、空気圧を調整する方法があります。

タイヤには適性の空気圧があり、タイヤの表面に印字、または刻印されています。
適正空気圧は、高低を明示して、幅を持たせているものが多いです。

うがった見方をすれば、適正空気圧内であれば、何かトラブルがあったときに保障の対象になります的なことです。

それを逆手に取るわけではありませんが、クッション性を持たせるのであれば、低めの空気圧にしてみましょう。

逆もまた然りで、とにかくパワーロスをせずガンガン走りたいなら、適正空気圧の上限で乗ってみれば良いです。

あとは、買い替えるときに、タイヤの性質(コンパウンド)に注目するのも大切です。

耐パンク性を高めているものや、転がり抵抗の軽減に力を注ぐものなど、タイヤの性質に注目してみると、色々な種類があることが分かります。

タイヤは、同じ太さでも性質を変えることで、走りの質も変えられるということですね。

タイヤの太さは用途で決めるものです

今回は、ロードバイクのタイヤの太さについて考えてみました。

太いほうにシフトしているのは確かですが、細いタイヤの需要が、まだあることも事実です。

タイヤの太さはトレンドに流される必要はありませんので、自分の用途最優先で考えてください。

また、同じ太さでも、空気圧や性質で走りを変えることも可能ですので、試してみてください。