ハンドルをブルホーンにした場合stiレバーを使用できる?

ブルホーンは、先端が「牛の角」のように、前方に突き出ているハンドルのことです。

トライアスロンやTTバイクに採用されていますが、市場ではマイナーな存在です。

しかし、フラットバーに比べて持ち手が増えるメリットもありますし、ドロップハンドルほど深い前傾姿勢にならないので、用途が広いハンドルです。

ただ、stiレバーを装着する際には、少し注意が必要なようですので、確認していきましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

フルクラムはラチェット音が大きい!?ハブの整備で音量調節

ラチェット音ってご存知ですか?ロードバイクを押して歩いたり、ペダルを止めて空回りさせた時に、...

簡単3ステップ!シマノの自転車チェーン交換の方法を解説!

自転車用チェーンは消耗品で、5000kmを目安に交換が推奨されています。チェーン交換は難しい作...

自転車のディスクブレーキからの音鳴りがする!解決方法は?

ディスクブレーキはカンチブレーキ、Vブレーキに続き、不整地向けに開発されたブレーキで、制動力の高...

必ず持っておきたい!シマノプロチェーンカッターの使い方

自転車のパーツの中でも、一番に酷使されているチェーン。人の力を車輪に伝えるための大切なパーツ...

ピストバイクのタイヤを選ぶなら!?交換方法をご紹介!

自転車で唯一地面と接するパーツがタイヤですね。ピストバイクは他の自転車に比べ、タイヤの負担が...

ストライダーのグリップをカラーで彩りたい!外し方を教えて

ストライダーは車体のカラーはバリエーションが豊富ですが、パーツの色は標準装備では全部黒色です。...

サイクルウェアの選び方!冬場の着方は工夫が必要

自転車に乗る際のサイクルウェアですが、季節ごとに変えていくのは難しく悩まれている方も多いかと思い...

ロードバイクのホイールをリム研磨してピカピカにする

このタイトルを見てまず思うことは、ロードバイクのホイールのリムを「研磨」するとはどういうこと?ですか...

グアムを自転車でサイクリング!おすすめ観光場所は?

グアムを自転車でサイクリングしてみませんか?グアムは日本から、たった3時間程度で行ける、人気...

自転車で日本一周!ブログでみなとみらい線沿線を伝えよう!

春から夏の季節になると、自転車で日本一周の旅をしようと意気込む方もいるのではないでしょうか。特に...

自転車のサドルでおしゃれをしてみたい!おすすめをご紹介

自転車のサドルには様々な大切な要素があり、何を求めるかは人それぞれですが、今回は「おしゃれ」にこ...

自転車は腰痛に良いって本当?姿勢やサドルの位置が重要!

自転車に乗っていて、腰が痛くなるという事はありませんか?その腰痛、実は姿勢の悪さやサドルなど...

自転車のブレーキで特に制動力が強いのはvブレーキ!

自転車のブレーキは一見すると同じように見えますが、非常に種類が多いです。大別すれば、「リ...

フロントフォークのオーバーホールで本来の効果を持続しよう

スポーツ自転車は繊細なので、メンテナンスありきの乗りものと言われます。特に、工業製品であるベ...

ロードバイクホイールをヤフオクで入手!の前に伝えたいこと

ロードバイクホイールをヤフオクで、安く手に入れたいと思う方は、大勢いることでしょう。ヤフオク...

スポンサーリンク

ハンドルの形状には意味がある

ブルホーンは、フラットバーとドロップハンドルの良いとこ取りのようなハンドルです。

主に、mtbやクロスバイクに採用されてるフラットバーハンドルは、文字通り、地面と水平な1本の棒です。

地面に押し付けるようにして走るmtbは、ハンドルを左右に振り回す必要があります。
また、低速域でのハンドリングが多いので、操作性を考えても、フラットバーが最適です。

クロスバイクは街中で走ることが多いと想定されているので、上体を起こしてリラックスポジションで乗るために、フラットバーが採用されます。

さらに、ブレーキの掛けやすさも見逃せません。

一方、ロードバイクは平坦な舗装路を高速で巡航するのが目的なので、空気抵抗を軽減する、前傾姿勢が基本です。

また、長時間の走行も想定しているので、手の疲労軽減も考えなくてはいけません。

このような状況を鑑みて、開発されたのが、ドロップハンドルです。
ハンドル上端のブラケット部分や、グニッと曲がったあのドロップ部を握れば、自然と前傾姿勢になります。

そして、人間の本来の自然な手首の向きは、握ったときに親指が上を向く縦方向です。

ですから、拳を縦にして握ると自然な分、疲れが溜まりにくくなります。
ドロップハンドルは、それができるのが、大きなメリットです。

あとは、何と言っても、あのstiレバーの存在です。

これは、ドロップハンドル用に開発された、シフト・ブレーキ一体型レバーですが、これがロードバイクの醍醐味ですね。

ブルホーンは汎用性が高い

ブルホーンは、スポーツ自転車のハンドルでは、かなりのマイナーです。

トライアスロンやTTバイクに採用されているくらいで、その他の機種に最初から装着されていることは、極めて少ないです。

しかし、ネットや雑誌にはフラットバーに、「バーエンドバー」を付けるカスタマイズが、多く紹介されています。

フラットバーの両端に、前に突き出たバーを装着するのですが、その形が正にブルホーンです。

ハンドルごと交換するには、stiレバーを始めとするコンポの換装が必要になるので、とりあえずハンドルに縦に握れる場所を作るという発想です。

このことからも、ブルホーンはマイナーではありますが、使い勝手は良いものということが分かると思います。

また、ブルホーンは色々なシフターやブレーキレバーを組み合わせられるので、汎用性が高いのもメリットです。

こんな人にブルホーンが合う!

では、どんな用途で使う場合に、ハンドルをブルホーンにするとメリットがあるのかを考えてみましょう。

まずは、自転車に長時間乗ることが多い場合は、メリットがあります。

フラットバーは、常に手首を自然な状態から、90度ひねって握っていることになります。

そのため、長時間乗っていると手に疲労が蓄積されてしまいますので、自然な縦方向で握れる部分があるほうが、断然楽になります。

また、ドロップハンドルでstiレバーを使用している人でも、ブレーキの掛けにくさを感じている人には、ブルホーンが良いです。

ブルホーンにstiレバーを付けると、ブレーキレバーが自分のほうに近付きますので、引きやすくなります。
そのため、手の短い方や女性にも、おすすめできます。

あとは単純ですが、スピードがもう少し欲しいけど、ドロップハンドルのドロップを握るほどではないと考えれば、ブルホーンの一択になりますね。

ブルホーンにstiレバーを装着することによって…

今回は、汎用性の高さを見越した上で、ブルホーンハンドルにstiレバーを装着することを考えてみます。

stiレバーはロードバイク用に開発されたものなので、操作できるコンポは、基本的にロード用のものです。

そのため、ロードバイクのハンドルをブルホーンにする分には、ワイヤーの取り回しに注意するくらいで、何の問題もなく取り付けられます。

ところが、その他の自転車は、stiレバーを使用することで、色々と交換するパーツが出てきます。

まず、mtb用のディスクブレーキやVブレーキは、stiレバーでは操作できません。
裏ワザがないわけではありませんが、ブレーキを交換するのが一般的です。

また、フロントディレイラーもmtb用はレバー比が違い、まともな操作が難しいので、交換するのが得策です。

ブレーキやフロントディレイラーはグレードにもよりますが、そこまで高価なものではありません。

しかし、stiレバーはコンポの中でも高価な部類に入りますので、換装にそれなりの費用を擁することは、覚悟しておいてください。

ブルホーン+stiレバーの組み合わせに必要なパーツ

先述したように、ロードバイクのハンドルをブルホーンに交換するのは、特筆することがほとんどありません。

そこで今回は、mtbやクロスバイクにブルホーンを装着することを考えていきます。

まず、どんなブルホーンハンドルにするかですが、握りやすいのは一般的な先端が反り上がっているものです。

ここの角度が足りないと、stiレバーを取り付けたときにブレーキの引き代が確保できないので、なるべく角度が付いているものが良いです。

また、クランプ径に注意しなければいけません。

フラットバーは25.4mmが一般的ですが、ブルホーンは31.8mmが多いです。

これを合わせないといけませんが、ハンドルを好きなものに交換するならクランプ径を考えずに、ステムをハンドルに合わせて交換してください。

次にブレーキですが、stiレバーで操作できるのは、キャリパーブレーキ・カンチブレーキ・そしてロード用のディスクブレーキです。

mtbはタイヤが太く、クリアランスの問題でキャリパーは難しいので、カンチブレーキか、ロード用のディスクブレーキになります。

クロスバイクはVブレーキが多いですが、台座がそのまま使えるということで、カンチブレーキへの交換がおすすめです。

あとは、ロード用のフロントディライラーが必要ですが、mtbやクロスバイクはフロント3速のものが多いので、ディレイラーも3速用をチョイスしてください。

フラットバー車のブルホーン化とstiレバーの取り付け方法

それでは、ブルホーンハンドルに換装して、stiレバーを取り付ける方法をご紹介します。

ハンドルとブレーキ、ディレイラーを交換して、ワイヤー類を取り回すという手順です。
パーツの交換に関しては、説明書通りにすれば、難しいことはありません。

問題は、ブレーキワイヤーの取り回しです。

ドロップハンドルでは真っ直ぐになるワイヤーが、ブルホーンですと、90度に曲げないとなりません。

そうなると、強いテンションが掛かってブレーキの引きが重くなるので、あまり好ましいことではありません。

そこで、スプリングでできた「フレキシブルパイプ」で角度を付けて対応します。

【Alligator(アリゲーター):フレキシブルガイドパイプ 2個入 LY-VBP08】参考価格:¥400

取り付け方法は、stiレバーにインナーケーブルを通して、そのケーブルにガイドパイプをはめて、レバーに挿入します。

それから、アウターケーブルとガイドパイプを繋いで、ハンドルに這わせて固定します。

ただ、これですとレバー周りが太くなってしまうので、乗っていて違和感が出るかもしれません。

その場合は、ブルホーンの反り上がり部分に穴を開けて、ハンドルの中でインナーケーブルとガイドパイプを繋ぎましょう。

ブルホーンはマイナーだが使い勝手は抜群!

今回はハンドルをブルホーンに交換し、なおかつstiレバーを取り付けるカスタマイズを考えてみました。

今は互換性のあるパーツも増えているので、比較的スムーズに行えます。

ブルホーンハンドルはマイナーですが、メリットが大きく汎用性の高いハンドルです。

特にフラットバーに限界を感じている方は、ぜひ換装をおすすめします。