ラレーってどんな自転車メーカー?評判を探ってみよう!

ラレーという自転車メーカーをご存知でしょうか。

ラレーは1888年イギリスで誕生しました。

ラレーの自転車はどれもクラシカルなイメージで、クロモリロードバイクを始め、ミニベロなど多くのスポーツ自転車を生み出しています。

今回は、ラレーの評判について探っていきます!

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

カンパ・ユーラスは貴重なナローリム!インプレ評価は?

ロードバイクのホイールでは世界四大メーカーとしても認定されているカンパニョーロですが、プロラ...

ロードバイクを扱うジャイアントの評価は分かれる?

台湾が誇る大手自転車メーカーのジャイアントは、クロスバイクを始めとするスポーツ自転車が低価格帯で、且...

153cmの適正体重は?女性のダイエットにおすすめは自転車!

153cmと小柄な女性は、体重の適正がどのくらいなのか、美容体重など気になるところですね。き...

自転車にとって大切なブレーキ!左ブレーキは効きにくい?!

走っている自転車を止めるには、必ずブレーキが必要になってきますよね。今回、自転車のブレーキに...

男性の身長が164cmでも自転車なら高みを目指せる

身長が低いという事で、スポーツを諦めている事はありませんか?あるスポーツが大好きでも、身長が...

ハンドルをブルホーンにした場合stiレバーを使用できる?

ブルホーンは、先端が「牛の角」のように、前方に突き出ているハンドルのことです。トライアス...

メリダのエアロロード「リアクト4000」の価格の決め手は?

ロードバイクの購入を考えると、まず初めに驚くのが価格の高さではないでしょうか。同じ自転車...

meridaのreacto4000の2017モデルはどうなのか?

merida(メリダ)は、自転車大国台湾においてジャイアントに次ぐ、第2の自転車メーカーです。...

自転車は有酸素運動!30分で消費するカロリーはどのくらい?

誰でも乗れる、身近な乗り物と言ったら「自転車」ですね。自転車は運動の中でも負担が少なく続けや...

アンカーはレーシングブランド!RS9のインプレ評価が証明

ブリヂストン・アンカーは乗り心地のよさや、扱いやすいというインプレ評価が多いので、快適性重視のモ...

ヤマト便でパーツを送る!その際の着払いに手数料はかかる?

自転車の大きなパーツを送る時に使うのは、宅急便ではなくヤマト便などになりますが、その際に着払いは可能...

プロフォーマットにより進化したアンカー「RL8」の評価は?

今回は、ブリヂストン・アンカーのロングライド向けモデルのミドルグレード、「RL8」を特集します。...

ピナレロは山でも勝つが本当にヒルクライム向きと言えるか?

皆さんは「ヒルクライム」という自転車競技をご存知でしょうか?ロードバイクを使用し、山地な...

駐車禁止の標識は自転車にも適用される?禁止となる範囲は?

様々な場所で、駐車禁止の標識を目にすることがあるでしょう。こういった道路標識って、車だけのも...

アンカー・RS8のフレームには優しい味付けがされている!

ロードバイクは、基本的にレースの機材として開発されるものです。レースに供給されるような物...

スポンサーリンク

ラレーという自転車メーカーについて詳しく解説!

まず、ラレーという自転車メーカーについて詳しく解説していきましょう。

ラレーを創業したのは、「フランク・ボーデン」です。

このボーデンがノッティンガムの「ラレーストリート」で営業を始めたことから、「ラレー」という名が付けられました。

歴史と伝統あるブランドであるラレーは、老舗中の老舗と言えるでしょう。

ラレーのコンセプトは実用主義といったもので、現在の全てのラレーの自転車にも、このコンセプトが引き継がれています。

また、ラレーの自転車はツールドフランスで優勝、さらに、様々なレースで大きな活躍を見せてきました。

ラレーは世界各国で販売展開されていますが、日本では、アラヤが代理店として企業製造を行っています。

代理店であるアラヤは、ラレーのクラシカルなデザインを保ちつつ、日本人にあわせた自転車の製造を行っています。

ヨーロッパで生まれたラレーのデザインは、非常にクラシカルで、そのおしゃれな見た目に惹かれる方も多いです。

また、見た目だけでなく、乗り心地が良いことでも評判な自転車なのです。

ラレーのスポーツ自転車!「ロードバイク」の評判は?

近年ロードバイクのフレーム素材と言ったら、カーボンが主流になりつつありますが、ラレーの人気モデルの多くはクロモリフレームを採用しています。

クロモリは、衝撃吸収に優れている素材で、バネのように衝撃を吸収してくれるのが特徴です。
そのため、クロモリを採用している自転車は、乗り心地が非常に良くなります。

クロモリは丈夫な素材ですので、カーボンのように、ぶつけても割れたり折れたりするといった心配がありません。

また、ラレーの特徴である、クラシカルな見た目にクロモリ素材というものが大きく関係しています。

クロモリを採用していることで、パイプを細く構成することができます。
この細さがクラシカルな見た目にしているのです。

そして、ラレーのクロモリフレームでは、今では少なくなってきている「ホリゾンタル」フレームの形状を採用していることもあり、よりクラシカルを演出しているのです。

ホリゾンタルとは、トップチューブが地面と平行であることを指します。
真っ直ぐなトップチューブは、ロードバイクのスタイルをより美しいものにしてくれます。

クラシカルなデザインのラレーの自転車は、たくさんの方を魅了し、高い評判を得ています。

ラレーのロードバイクの中でも評判が高いのは「CRN」

ラレーのクロモリロードバイクの中でも、人気が高いモデルが「CRN(カールトンN)」です。

ラレーのCRNは、クロモリロードバイクの中でも、価格が12万円程と低価格なロードバイクです。
そのため、初心者や二台目として購入される方達からの評判は高いです。

低価格でありながら、メンテナンス性も高く、コンポーネントもシマノのティアグラを採用するなど、性能面でも申し分ない自転車です。

サイクリングやツーリングだけでなく、ロングライドなど、本格的にロードバイクを楽しみたい方や、クロスバイクからステップアップをしたい方にもおすすめの自転車です。

2017年モデルのCRNは、カラー展開が「ホワイト・ヴィンテージブルー・ウィステリアパープル・グロスブラック」の全部で4種類となっています。

中でも、ウィステリアパープルは、見る角度によって色味が変化するといった、他にはなかなか無いカラーリングです。

ウィステリアパープルは、パープルとなっていますが、ブラウンのような深みがあるパープルのような珍しいカラーリングです。

他にはなかなか見ないカラーリングですので、人と被りたくないという方にもおすすめです。

ラレーのフラットバーロード「RFC」の評判はいかに!?

「フラットバーロードって何?」という方に、簡単にフラットバーロードについてご説明していきます。

フラットバーロードは、一般的なロードバイクに装備されているドロップハンドルではなく、クロスバイクに装備されているフラットハンドルを装備しているロードバイクといった認識が一般的です。

そのため、ロードバイクのドロップハンドルに抵抗がある方、クロスバイクの走行に不満がある方におすすめな自転車です。

ラレーからも、フラットバーロードが販売されています。
中でも、評判共に人気の高い車種が「RFC(ラドフォードクラシック)」です。

RFCもラレーの特徴であるクラシカルなイメージを損なわないため、クロモリフレームを採用し、コンポーネントは、シマノのクラリスを採用しています。

ワイドなギア比を適用しているため、長距離走行にも向いています。
また、ドロップハンドルのように、前傾姿勢になることもないので、街乗りなどでも大いに活躍するでしょう。

「本格的にロードバイクには乗らないけど、ロードバイクのような走行感は欲しい」
まさにこのような考えをお持ちの方には、ピッタリな自転車でしょう。

クラシカルなイメージがピッタリ!!ラレーのミニベロ

ラレーの特徴である、クラシカルでおしゃれな雰囲気は、ミニベロにもピッタリマッチします。
ミニベロと言ったら、ストップ&ゴーを得意とする自転車で、街乗りに最も適している自転車の1つです。

ラレーの特徴と魅力である、高いデザイン性はミニベロにも受け継がれ、自転車をファッションの一部と考え、こだわりを持つ方にも高い評判を得ています。

また、ラレーのミニベロは、ハンドルの形状がフラットハンドルと、ドロップハンドルの2種類が用意されていますので、用途によってハンドルの形状を選ぶことできます。

スポーツ性を求める方は、やはりドロップハンドルを選択されるといいでしょう。
ファッション性を求める方は、フラットハンドルがおすすめです。

ラレーのミニベロは、高い評判でありながらユーザー数も少ないので、人と被りたくないというファッション性の意識が高い方には、人気のある自転車です。

ラレーのミニベロの中でも、評判が良いミニベロは?

最後に、ラレーのミニベロの中でも高い評判を得ているミニベロをご紹介していきます。

○本格派におすすめ「RSC RSW Carlton」

本格的にミニベロを楽しみたい方は、ラレーのミニベロの代表作「RSC RSW Carlton」がおすすめです。

スペックや操作性を見ても、ロードバイクに匹敵するものです。
コンポーネントはシマノの105を採用し、フォークもカーボンを使用しています。

走行性能に非常に優れているミニベロですので、ロングライド等目的に合わせてミニベロの楽しみを広げることができます。

○ツーリングにおすすめ「RSP RSW Special」

「RSC RSW Carlton」よりもお手軽なこちらのミニベロは、ツーリングにもおすすめなミニベロです。

コンポーネントはシマノのクラリスを採用しています。

ブレーキは、泥詰まりなどに強いカンチブレーキを採用しています。
そのため、急な路面や悪路でも安心して走れます。

ラレーのミニベロはどれも性能が良く、街乗りだけに限らず、本格的ライドやツーリングも楽しむことができます。

ラレーの自転車を選ぶ際、参考にしてみてくださいね。

ラレーの自転車はどれもおしゃれ!

ラレーのスポーツ自転車は、どれも見た目がおしゃれでクラシカルな印象を受けます。

また、多くの自転車にクロモリを採用していることで、乗り心地も非常にいいです。

ラレーは、見た目だけでなく、性能も優れている自転車メーカーです。

ラレーの自転車の購入を考えている方は、用途をよく考え、自転車選びの参考にしてみてください。