ロードバイク好きによる自転車知識の情報ガレージ

ロードバイク好きによる自転車知識の情報ガレージ│わくわく自転車情報館

クランクを外す工具を説明!スポーツバイクには欠かせない!

2017.12.25

自転車、特にスポーツバイクはクランクを取り外すシーンが結構あります。

交換はもちろんですが、BBのメンテナンスでも外さなくてはいけません。

専用工具が必要だったり、ちょっとしたコツが必要だったりするので、難しいイメージがあるかもしれません。

そこで今回は、スポーツバイクのクランクについてお話していきます。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

自転車のサドルが盗難された?!パーツの盗難を防ごう!

みなさん、「自転車のサドルが盗難された」なんてニュースを耳にしたことはありませんか? ふざ...

エンド幅135mmとはどんな意味?ロード用のホイールは合う?

皆さんは車輪の中央に付いているハブの幅が、自転車によって違うのをご存知でしょうか。 ハブの...

路肩と路側帯2つの違いは?自転車はどこを走行すればいい?

自転車の交通ルールが厳しくなったと同時に、自転車はどこを走るのが正しいのか。 疑問に思う方も少...

シマノのスプロケットには12-30tは存在しない?

最近の自転車ブームでロードバイク人口も増え、いろいろな場所で乗っている人を見かけます。 そして...

ママチャリの選び方!内装3段と外装6段の違いって?

ママチャリはシティサイクルとも呼ばれ、もっとも利用されている自転車です。 通勤・通学にも便利な...

ホームセンターと自転車専門店での修理の違いとは!?

近年、自転車をホームセンターで買われる方が増えてきました。 ママチャリというカテゴリーで見てみると...

ラレーのミニベロ、rspの特徴とスペックをご紹介!

ミニベロといえば、街乗りでよく見かけますね。 デザイン性もおしゃれで小回りが効くので、街乗りや...

自転車のホイールやタイヤに寿命はあるの?延命の方法は?

自転車を長く使っていると、乗り心地が悪くなったり、タイヤがパンクしたりして快適に走れなくなることがあ...

あなたの自転車の保管場所は、屋外?それとも屋内?

ご自分の自転車の保管場所はどこですか? 屋外でしょうか、それとも屋内でしょうか。 安全かつ便...

琵琶湖一周ロングライドの、ライドイベントに出場するには?

琵琶湖一周ロングライドをご存知でしょうか? 琵琶湖の周りを走る、ライドイベントです。 全国か...

自転車にパーツクリーナーは有効!フレームにも使えるの?

サイクリストの方なら自分で自転車を洗車をする機会が多いと思います。 洗車の際に何を用いて洗...

トラック競技用タイヤの特徴!レース中に外れることはない?

自転車のトラック競技といえば、やはり競輪が有名ですよね。 トラックを何周もする競輪などのタイヤ...

スポーツ系自転車のBBからカチカチ音!それは危険サイン?

ロードバイクやクロスバイクなどのスポーツ系の自転車に乗っている方で、ペダルをこいでいる時にカチカ...

東京から箱根へ!箱根駅伝のコースを自転車で走ってみよう!

今や日本のお正月の風物詩となった箱根駅伝、今年も熱戦が繰り広げられ、正月早々テレビに釘付け、という方...

自転車に於ける後輪ブレーキに関するあんなコトやこんなコト

自転車はもちろんの事、全ての車両と呼ばれる乗り物に於いて、最重要と言っても過言ではない機能の1つ...

スポンサーリンク

スポーツバイクのクランクは交換したくなる!

スポーツバイクのクランクは、コンポのひとつのパーツとして扱われています。

コンポと言えば「シマノ」ですが、シマノのロードバイク用では、軸一体型の「2ピースクランク」が主流です。

右のクランクから生えている軸を、左のクランクで支持する形で取り付けられます。

右クランクには、アームの先にフロントギアであるチェーンリングが付属しています。

一般的にロードバイクなら2枚、MTBやクロスバイクは3枚の歯車が装着されています。

クランクは、コンポの中でも高額な部類に入るので、完成車ではコストダウンの対象にされがちです。

例えば、他の駆動系のパーツが「世界の」シマノ製であっても、クランクだけが違うメーカーなことは、もはや常識レベルです。

また、フレームのBB(ボトムブラケット)シェルや、BBの種類と一対で考えなくてはならないため、互換性の問題で使えるクランクが決まることもあります。

そういった理由もあり、経年劣化や破損以外の理由でも、グレードアップとして交換の需要が高いパーツです。

ただ、専用の工具が必要ですし、メーカーによって外し方が違ったりするので、ハードルが高いと思われているようです。

スポーツバイクはクランクの長さが重要

クランクの交換は、BBの確認や専用工具の用意など、こと前準備が必要です。
そのほかにも、どんなクランクが良いのかも、考えなくてはいけません。

まず、しっかりと回転運動をしなくてはいけないので、見逃してはならないのがアームの長さです。

これは、規格なので、あらかじめ決まっているとも言えます。
ママチャリは165mm、スポーツバイクは170mmが一般的です。

クランクアームは、短ければ小さな円を描くようになり、ペダルを回しやすくなるので、漕ぎ出しが軽くなります。

一方、長くなると今度は大きな円を描くので、それだけ強い力が加わり、スピードが出ます。

しかし、漕ぎ心地が重くなりますので、ストップ&ゴーなどが多い街中では、スタート時に苦労することになります。

ママチャリは高速で巡航することは少ないですし、ペダリングやケイデンスという概念がありませんので、165mmが最適ですし、あまり選択肢もありません。

しかし、スポーツバイクはアームの長さが購入時に選べます。

選べますというよりは、それだけサイズが用意されているということですね。

アームの長さは、身長の1/10が最適と言われた時代もありますが、今はどちらかと言えば、股下の長さで決めるのが主流です。

日本人男性の平均は78cmと言われており、165mmのアームが適正とされます。

したがって、それよりも股下が長い人は、170mm以上の物を選ぶことになります。

乗車姿勢やチェーンラインの問題もあるので、一概には決められませんが、一応の目安としてクランク選びの参考にしてください。

ホロ―テックⅡ対応クランク脱着に必要な工具

それでは、ここからは、クランクの外し方を説明していきます。

まずは、軸がクランクから生えている、一体型クランクの外し方です。

シマノのロードバイク用コンポは、この方式が多く、購入時に「ホロ―テックⅡ」対応となっていれば間違いなく、一体型の2ピースクランクです。

必要な工具は専用の取り付け(外し)工具と、アーレンキ―(六角レンチ)、モンキースパナです。

外し方は非常に簡単で、左側のクランクの固定ボルトをアーレンキー(5mm)で、左右交互に緩めます。

緩めたら、クランクの先に専用工具を取り付けて、クランク固定ボルトを外します。

クランクの上部に、脱着防止の爪が付いている場合がありますので、マイナスドライバーなどで上げて、解除しておきます。

左のクランクアームが外れたら、右側も外れます。

専用工具は【シマノ:クランク取付工具 TL-FC16】(参考価格:¥300)を使用します。

しかし、ショッピングサイトによっては、抱き合わせ商品扱いで、単品では購入できないので注意してください。

ホロ―テックⅡ以外のクランクを抜くための工具

シマノのホロ―テックⅡ対応のクランクから、同じホロ―テックⅡのクランクに交換するなら、BBは現状維持で問題ありません。

しかし、特にロードバイクのエントリーモデルやクロスバイクは、シマノ製のクランクではない可能性の方が高いです。

そのため、別メーカーのクランクをシマノ製に替えるということになります。

そうなると、軸一体型のクランクと違い、回転軸がBBの方に付属しているので、BBも交換する必要があります。

また、クランクの外し方も異なりますので、ここからはホロ―テックⅡ以外のクランクの外し方に加えて、BBの外し方も説明します。

用意する工具は、「コッタレス抜き」・モンキーレンチ・BB交換に使う「BBツール」です。

コッタレス抜きは別名クランク抜きとも言われ、BBの軸にがっちりとはまり込んでいるクランクを、手前に引き出すための工具です。

【シマノ:コッタレスクランク専用工具 [TL-FC10]】参考価格:¥1,600

特に、純正にこだわる必要もありませんが、安心のシマノ製をおすすめしておきます。

専用工具によるスポーツバイクのクランクの脱着方法

では、回転軸が付属していないクランクの外し方を説明します。

まず、左のクランクに付いているナットを外しますが、先ほどの工具「コッタレス抜き」の片方が、ナット抜きのツールです。

ナットにツールを噛ませたら、モンキーレンチで反時計回りに回すと、ナットが外れます。
右のクランクも同様に、反時計回りに回して外します。

これで、左右のナットが外れましたので、ここからクランクを外します。

このときは、バイクのチェーンのテンションが緩んでいた方が良いので、フロントをローに入れ、チェーンを内側に落としておきましょう。

コッタレス抜きのネジが切ってある方をクランクにねじ込み、締める方向に回していきます。

これで、内部で軸が押されるので、クランクが手前に引き出されるわけです。

しばらくしたら、クランクが外れますので、反対側も同じ手順で外します。

これで、フレームにはBBだけが残った状態になりました。

軸が付属しているBBの外し方

最後にBBの外し方を説明しますが、BBに軸が付属しているタイプは、ママチャリでは、まだまだ主流です。

それなので、スポーツバイクユーザーさん以外も、参考にしていただければと思います。

専用の工具は、こちらです。

【グランジ:BBツール】参考価格:¥900

BBは、必ず自転車左側から外してください。

BBツールを差し込み、モンキーレンチで反時計回りに回していくと、キャップが外れます。
自転車右側に回り込み、BBツールを差し込んだら、ここだけは「時計回り」に回して緩めてください。

これで、BBが外れます。

BBは時間が経っていると固着して、外れにくい場合もありますので、機会があれば、事前に点検しておくと良いかもしれません。

あとはBBの交換ですが、ホロ―テックⅡ専用のBBにする必要がありますので、クランクとセットで購入した方が間違いが少ないです。

スポーツバイクのクランクを外してみましょう

今回は、自転車のクランクの外し方についてお話しました。

どうでしょう、意外と簡単かもしれないと思っていただけたでしょうか?

手順さえ間違えなければ、スムーズに行くはずが、サビや固着が少し気になるところです。
どうしても外れない場合は、お店に持って行って外してもらってください。

 - 自転車全般