ロードバイク好きによる自転車知識の情報ガレージ

ロードバイク好きによる自転車知識の情報ガレージ│わくわく自転車情報館

クランクを外す工具を説明!スポーツバイクには欠かせない!

2017.12.25

自転車、特にスポーツバイクはクランクを取り外すシーンが結構あります。

交換はもちろんですが、BBのメンテナンスでも外さなくてはいけません。

専用工具が必要だったり、ちょっとしたコツが必要だったりするので、難しいイメージがあるかもしれません。

そこで今回は、スポーツバイクのクランクについてお話していきます。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

ロードバイクホイールシマノrs81の実力を確認する

ロードバイクのホイールは軽量で高性能なものが多く、非常に需要の高いものです。 中でもアルミクリ...

トンネル内で、自転車走行する時の注意点!重要なライト選び

前方が見えずらく、走行スペースも限られているトンネルでは、自転車で最も恐怖を感じるといわれています。...

ロードバイクの乗り方で変える?ハンドルの角度調整の方法!

みなさんは、ロードバイクに乗る時、姿勢を気にしたことがありますか? 実は、走る目的に合わせて姿...

自転車は二段階右折が基本!!違反すると罰金はいくら払う?

自転車で交差点を右折する場合、どのようにしていますか? 意外と知らない方が多いのですが、自転車...

ロードバイクのタイヤでチューブラーが見直されてきている

ロードバイクのタイヤの歴史を振り返る際に欠かせないのが、「チューブラー」タイヤです。 現在は主...

ラレーのミニベロはポタリングにもおすすめ!

ラレーの歴史は古く、今や世界の自転車メーカーになりました。 著名なレースなど、サイクルスポーツ...

自転車のタイヤに空気をついつい入れすぎちゃう!ダメなの?

自転車のタイヤに空気を入れる時に、『まだ足りていないのかな?』「入れすぎちゃってるかな?」とわからな...

フルクラムのレーシング1を知っていますか?インプレで確認

フルクラムと言えばカンパニョーロの子会社として有名ですが、今や親会社にも劣らない超人気ホイールメーカ...

スポーツバイクのタイヤがバースト!!原因と対処法は?

スポーツバイク走行中にタイヤがバーストすることが稀ですがあります。 バーストは破裂の意味を表します...

カンパニョーロのコンポ「ヴェローチェ」の魅力に迫る

イタリアのコンポーネントメーカー「カンパニョーロ」が送り出す製品は、日本のシマノと比較すると、美し...

自転車で箱根越えをしたい!ルート選びから計画の立て方まで

近頃、自転車での旅がブームになっています。 日本一周の旅から、近くを自転車でめぐる旅など、旅の...

北海道大好き!サイクリングスポット・名前の由来って?

ふと、名前の由来が気になることってありますよね。 特に、親しみのあるものや変わった名前の場...

スペシャライズドのサドルを価格だけで決めてよいのか?

スポーツバイクの中でも特にロードバイクは、中々自分に合ったサドルに出会うのが難しいので、悩みを抱...

性能もUP!ワイヤー交換でロードバイクを快適に!

ワイヤー交換はロードバイクに乗っている上で、避けては通れないメンテナンスの1つです。 しかし、...

ロードバイクのタイヤチューブのサイズはどれを選ぶべき?

ロードバイクのタイヤチューブを交換するとき、多くのサイズが店頭に並んでいますよね。 どのサイズ...

スポンサーリンク

スポーツバイクのクランクは交換したくなる!

スポーツバイクのクランクは、コンポのひとつのパーツとして扱われています。

コンポと言えば「シマノ」ですが、シマノのロードバイク用では、軸一体型の「2ピースクランク」が主流です。

右のクランクから生えている軸を、左のクランクで支持する形で取り付けられます。

右クランクには、アームの先にフロントギアであるチェーンリングが付属しています。

一般的にロードバイクなら2枚、MTBやクロスバイクは3枚の歯車が装着されています。

クランクは、コンポの中でも高額な部類に入るので、完成車ではコストダウンの対象にされがちです。

例えば、他の駆動系のパーツが「世界の」シマノ製であっても、クランクだけが違うメーカーなことは、もはや常識レベルです。

また、フレームのBB(ボトムブラケット)シェルや、BBの種類と一対で考えなくてはならないため、互換性の問題で使えるクランクが決まることもあります。

そういった理由もあり、経年劣化や破損以外の理由でも、グレードアップとして交換の需要が高いパーツです。

ただ、専用の工具が必要ですし、メーカーによって外し方が違ったりするので、ハードルが高いと思われているようです。

スポーツバイクはクランクの長さが重要

クランクの交換は、BBの確認や専用工具の用意など、こと前準備が必要です。
そのほかにも、どんなクランクが良いのかも、考えなくてはいけません。

まず、しっかりと回転運動をしなくてはいけないので、見逃してはならないのがアームの長さです。

これは、規格なので、あらかじめ決まっているとも言えます。
ママチャリは165mm、スポーツバイクは170mmが一般的です。

クランクアームは、短ければ小さな円を描くようになり、ペダルを回しやすくなるので、漕ぎ出しが軽くなります。

一方、長くなると今度は大きな円を描くので、それだけ強い力が加わり、スピードが出ます。

しかし、漕ぎ心地が重くなりますので、ストップ&ゴーなどが多い街中では、スタート時に苦労することになります。

ママチャリは高速で巡航することは少ないですし、ペダリングやケイデンスという概念がありませんので、165mmが最適ですし、あまり選択肢もありません。

しかし、スポーツバイクはアームの長さが購入時に選べます。

選べますというよりは、それだけサイズが用意されているということですね。

アームの長さは、身長の1/10が最適と言われた時代もありますが、今はどちらかと言えば、股下の長さで決めるのが主流です。

日本人男性の平均は78cmと言われており、165mmのアームが適正とされます。

したがって、それよりも股下が長い人は、170mm以上の物を選ぶことになります。

乗車姿勢やチェーンラインの問題もあるので、一概には決められませんが、一応の目安としてクランク選びの参考にしてください。

ホロ―テックⅡ対応クランク脱着に必要な工具

それでは、ここからは、クランクの外し方を説明していきます。

まずは、軸がクランクから生えている、一体型クランクの外し方です。

シマノのロードバイク用コンポは、この方式が多く、購入時に「ホロ―テックⅡ」対応となっていれば間違いなく、一体型の2ピースクランクです。

必要な工具は専用の取り付け(外し)工具と、アーレンキ―(六角レンチ)、モンキースパナです。

外し方は非常に簡単で、左側のクランクの固定ボルトをアーレンキー(5mm)で、左右交互に緩めます。

緩めたら、クランクの先に専用工具を取り付けて、クランク固定ボルトを外します。

クランクの上部に、脱着防止の爪が付いている場合がありますので、マイナスドライバーなどで上げて、解除しておきます。

左のクランクアームが外れたら、右側も外れます。

専用工具は【シマノ:クランク取付工具 TL-FC16】(参考価格:¥300)を使用します。

しかし、ショッピングサイトによっては、抱き合わせ商品扱いで、単品では購入できないので注意してください。

ホロ―テックⅡ以外のクランクを抜くための工具

シマノのホロ―テックⅡ対応のクランクから、同じホロ―テックⅡのクランクに交換するなら、BBは現状維持で問題ありません。

しかし、特にロードバイクのエントリーモデルやクロスバイクは、シマノ製のクランクではない可能性の方が高いです。

そのため、別メーカーのクランクをシマノ製に替えるということになります。

そうなると、軸一体型のクランクと違い、回転軸がBBの方に付属しているので、BBも交換する必要があります。

また、クランクの外し方も異なりますので、ここからはホロ―テックⅡ以外のクランクの外し方に加えて、BBの外し方も説明します。

用意する工具は、「コッタレス抜き」・モンキーレンチ・BB交換に使う「BBツール」です。

コッタレス抜きは別名クランク抜きとも言われ、BBの軸にがっちりとはまり込んでいるクランクを、手前に引き出すための工具です。

【シマノ:コッタレスクランク専用工具 [TL-FC10]】参考価格:¥1,600

特に、純正にこだわる必要もありませんが、安心のシマノ製をおすすめしておきます。

専用工具によるスポーツバイクのクランクの脱着方法

では、回転軸が付属していないクランクの外し方を説明します。

まず、左のクランクに付いているナットを外しますが、先ほどの工具「コッタレス抜き」の片方が、ナット抜きのツールです。

ナットにツールを噛ませたら、モンキーレンチで反時計回りに回すと、ナットが外れます。
右のクランクも同様に、反時計回りに回して外します。

これで、左右のナットが外れましたので、ここからクランクを外します。

このときは、バイクのチェーンのテンションが緩んでいた方が良いので、フロントをローに入れ、チェーンを内側に落としておきましょう。

コッタレス抜きのネジが切ってある方をクランクにねじ込み、締める方向に回していきます。

これで、内部で軸が押されるので、クランクが手前に引き出されるわけです。

しばらくしたら、クランクが外れますので、反対側も同じ手順で外します。

これで、フレームにはBBだけが残った状態になりました。

軸が付属しているBBの外し方

最後にBBの外し方を説明しますが、BBに軸が付属しているタイプは、ママチャリでは、まだまだ主流です。

それなので、スポーツバイクユーザーさん以外も、参考にしていただければと思います。

専用の工具は、こちらです。

【グランジ:BBツール】参考価格:¥900

BBは、必ず自転車左側から外してください。

BBツールを差し込み、モンキーレンチで反時計回りに回していくと、キャップが外れます。
自転車右側に回り込み、BBツールを差し込んだら、ここだけは「時計回り」に回して緩めてください。

これで、BBが外れます。

BBは時間が経っていると固着して、外れにくい場合もありますので、機会があれば、事前に点検しておくと良いかもしれません。

あとはBBの交換ですが、ホロ―テックⅡ専用のBBにする必要がありますので、クランクとセットで購入した方が間違いが少ないです。

スポーツバイクのクランクを外してみましょう

今回は、自転車のクランクの外し方についてお話しました。

どうでしょう、意外と簡単かもしれないと思っていただけたでしょうか?

手順さえ間違えなければ、スムーズに行くはずが、サビや固着が少し気になるところです。
どうしても外れない場合は、お店に持って行って外してもらってください。

 - クランク, 自転車のパーツ, 自転車全般