ロードバイク好きによる自転車知識の情報ガレージ

ロードバイク好きによる自転車知識の情報ガレージ│わくわく自転車情報館

trekのロードバイク・ドマーネの評価をブログなどから検証

2017.12.23

trekはアメリカに本拠を置く、世界最大規模の自転車メーカーのひとつです。

日本でもユーザーが多く、特にロードバイクは人気が高いです。

今回は、中でもエンデュランスモデルの位置付けになるDomane(ドマーネ)について、ブログのインプレなどを参考に検証していきます。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

ロードバイクのホイールでアルテグラという選択は?

シマノの「アルテグラ」と聞くと、コンポ?釣り具?となると思いますが、ロードバイク用のホイールにも...

ビアンキのロードバイクで10万円台のおすすめを紹介

イタリアの老舗自転車ブランド「ビアンキ」は、グランツールにおいて数々の勝利を収めてきたロードバイ...

ロードバイクのタイヤサイズの見方は?何を見れば良い?

ロードバイクを始めとして、自転車のタイヤサイズは規格が乱立しているので、かなりややこしい状態です...

ロードバイクのタイヤの太さはなぜ太めにシフトした?

ロードバイクは、タイヤの太さを繊細なまでに、試行錯誤してきている歴史があります。 現在は、...

ロードバイクのタイヤをパンクしにくい状態に保つ方法

ロードバイクのタイヤは細いので、パンクが付きものと思っていませんか? タイヤメーカーが「パ...

fsaのクランクの評判は?他社メーカーとの互換性はある?

自転車は様々なメーカーによって造られています。 fsaもそのメーカーの一つですが、シマノやカン...

ロードバイクのホイール1番人気と噂されるゾンダの実力は?

ロードバイクにおけるホイールの重要性は、全てのパーツの中でもトップクラスです。 それだけに...

ロードバイクのタイヤ交換にタイヤパウダーは必要!?

ロードバイクのタイヤを交換する際、チューブとタイヤがくっついていて、剥がれにくいという問題が起き...

ロードバイクで思うようなスピードが出ない!そんな時は?

ロードバイクを趣味にし、トレーニングを積んでいるけど、「思うようなスピードが出ない…」と悩んでいる方...

ロードバイクのタイヤサイズは700cだけ?太さは?

ママチャリなどの一般的な自転車は、タイヤの大きさが自転車そのもののサイズとして扱われていますので...

ロードバイクのホイールを安い価格で手に入れるには?

ロードバイクのホイールはパーツの中で最も高価ですが、真っ先に交換したいパーツです。 それだ...

ロードバイクのホイールを考える!ロングライド向きなのは?

ロードバイクはスピードが身上ですが、ドロップハンドルや大口径のホイールは長距離・長時間を走る...

ロードバイクのタイヤの主流が25cになったのはなぜ?

ロードバイクのタイヤは、700cという規格に、ほぼ統一されています。 700(mm)という...

ロードバイクのホイールの回転が渋い!ハブが原因かも

ロードバイクに乗っていて、ホイールの回転に違和感を覚えることはありませんか? そんなときは...

いぶし銀の魅力!センチュリオンのロードバイクの評判を探る

センチュリオンというバイクメーカーのロードバイクをご存じでしょうか? 日本ではあまり知られてい...

スポンサーリンク

trekのロードバイク

trekのロードバイクは、超軽量なレースモデル「Emonda(エモンダ)」、エアロロードの「Madone(マドン)」、そしてエンデュランスモデルの「Domane(ドマーネ)」が主力です。

それぞれにグレード、ディスクブレーキモデルがあり、女性専用車もあります。

エモンダとドマーネは、フレームの素材に、カーボンとアルミが両方あります。

trekのロードバイクと言えば、ツール・ド・フランス7連覇を飾った伝説の「ランス・アームストロング」が有名です。

2012年には、残念ながらドーピングで勝利は取り消されてしまいましたが、彼の活躍があってこそ、今日のtrekという見方もできます。

アームストロングが駆っていたのはマドンですが、今のエアロロードとは別物です。

その当時のマドンファンがブログで、今のマドンに対してあまり良い評価をしていませんでしたが、良い車体であることに変わりはありません。

実際に試乗した私の友人は、「エアロロード特有の硬さもなく、素直な反応が快適な乗り心地を生んでいる」と、評論家のような口調で語っていました。

ブログが伝える驚愕のフラッグシップモデル

マドンはエアロロードに舵を切りましたが、trekも抜かりはなく、マドンのコンセプトをエモンダに受け継がせています。

超軽量モデルと謳っているだけあり、最上位モデルの【Émonda SLR 9】は、完成車で6kgを切ります。
(56サイズで5.88kg)

さすがに、約117万円という浮世離れした価格なので、レース機材の意味合いが強いですね。

ブログの試乗インプレでは、異次元の軽さに驚愕した内容ばかりでした。

エモンダには、アルミフレーム車もあり、10万円を切るような完成車もあります。

フレーム素材も、使われているパーツも段違いではありますが、ジオメトリは全く同じです。

言い換えれば、プロのレーサーが乗っているのと同じ形状のロードバイクが、10万円以下で手に入るということです。

また、エモンダの名前がついているだけあり、アルミフレーム車も、他メーカーに比べれば軽量です。

そのため、将来的にはレース参戦を考えている方の、最初の1台にも良いと思います。

エンデュランスモデルのドマーネとまではいきませんが、エモンダも他のメーカーに比べれば、レーシー感が控えめなので汎用性が高いです。

trekドマーネはショップブログへの掲載率が高い

ここからは、今回の主役である【ドマーネ】を取り上げていきます。

ドマーネは、ツール・ド・フランスを8回も制した「ファビアン・カンチェラーラ」という選手向けに開発されたと言われています。

カンチェラーラはパリ~ルーベ(優勝3回)などの、凸凹の石畳の上を走るようなレースも得意としていたので、ドマーネは正に、そういったコンセプトで作られています。

色々なブログにも、2018年モデルのインプレが紹介されていますが、こちらでもご紹介していきます。

まず、大きな特徴は、trek独自の「ISO SPEED」という衝撃吸収のシステムです。

mtbのサスペンションのように派手に動くわけではないですが、振動の大きさによってフレームが反応して、システムが作動します。

最上位モデルの【SLR】には、乗り手が衝撃吸収度を調整できる、スライダーを搭載しています。

それ以外の全モデルにも、シートチューブやハンドル周りに、このシステムが導入されています。

さすが、石畳の上を走るヨーロッパの過酷なワンデイレースに、対応しているだけのことはある優れものです。

trek・ドマーネのジオメトリ検証

trek・ドマーネは上記のように、レースでの利便性も考えられていますが、ホビーライダー向けのジオメトリでもあります。

少し短めのトップチューブは、極端な前傾姿勢にならない配慮です。

エモンダもレーシーモデルとしては短めですが、それよりも、さらに0.5~1cm短くなっています。

また、チェーンステーが長いため、後ろ三角が大きくなり、その分ホイールベースがゆったり目に取ってあります。

これによって、車体に安定感が出ますし、「ISO SPEED」が加わることで、抜群の衝撃吸収性になるわけです。

そして、ヘッドアングルが倒れ気味なのも見逃せません。

これも、前傾姿勢の緩やかさを示す数値ではありますが、同時に、低速でも安定した走りができるようになります。

この辺りに、ホビーライダーに配慮した汎用性がうかがえ、エンデュランスモデルに相応しいジオメトリと言えます。

実際に、現在の2018年モデルの中では、群を抜いて注文数が多いとの情報もあります。

後ほど何種類かご紹介しますが、コスパの高さがうかがえる機種が多いです。

ドマーネの最高峰

では、trekドマーネのおすすめ機種を何台かご紹介していきます。

最上位モデルの【Domane SLR 9 Disc】は、約117万円という価格から、さすがにショップ系のブログで紹介されることは少ないです。

ちなみに、製品名の【SLR】はモデル名です。

SLRがカーボンでも最高の素材を使用しており、先述した「ISO SPEED」システムも、調整式のスライダー付属のものが使われています。

【SL】が、カーボンフレームのセカンドグレードで、【ALR】がアルミフレームです。

モデル名の後ろの【9】という数字は、グレードの高さを表しており、9が最高レベルになります。
数字はアッセンブルされている、コンポやパーツのレベルと考えられます。

SLRは、最低グレードの【6】でも50万円以上しますので、上を目指せばキリがないです。

しかし、6もシマノ・アルテグラのフルコンポですから、SLRの性能を引き出すものとして、全く遜色ないです。

2017年モデルには、SLRのフレームセットのみの販売はありませんでしたが、2018年も、まだ発表にはなっていないようです。

ドマーネでインプレブログが多い機種

引き続き、ドマーネのご紹介をしますが、エンドユーザーまで回ってくるレベルとしては、【SL】や【ALR】の方になってきます。

それを表すかのように、インプレブログなども多くなってきます。

trekはコンポ以外のパーツが、全て自社のパーツブランド「ボンドレガー」製で固められていますので、他メーカ―との比較はしづらいです。

しかし、2018年モデルに新たに登場する【SL5】はシマノ・105のフルコンポ、総重量も8kgを切って約26万円なら、コスパもライバルに引けは取りません。

また、アルミフレームの【ALR】は、個人的にはフレームセットから、パーツを組んでいくのがおすすめです。

完成車なら【ALR4】が10万円台ながら「ISO SPEED」を搭載しており、他のエントリグレードとは明らかに一線を画しています。

リア10速ではありますが、最初の1台としては、十分すぎるレベルだと思われます。

また、trekは、ドマーネシリーズに【AL2】と【AL3】という、初心者におすすめなモデルを生産しました。

【AL2】は、税抜き79,000円(メーカー希望価格)という、とんでもない価格で販売されています。

ドマーネが買いやすくなった?

今回は、trekのエンデュランスロード「ドマーネ」を紹介しました。

2018年モデルの最大のハイライトは、本文中でもご紹介した【SL5】のコスパの高さです。

また、エントリーグレードでもジオメトリは変わりませんので、レースモデルと同じフレーム形状の機種に最初から乗れるのは嬉しい限りです。

 -  ロードバイク