アルテグラのホイールをグリスアップして性能を維持!

アルテグラと言えば、シマノを代表するロードバイク用のコンポーネントです。

2017年に、R8000系にフルモデルチェンジを果たしましたが、当然ながら、6800系もまだまだ人気です。

ホイールも同じ品番で販売されていますが、ハブのベアリングのグリスアップに手間が掛かると聞いています。

そこで今回は、アルテグラのホイールをメンテナンスする話をしていきます。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

ピナレロの中古品で激安と呼べるのは?中古以外にもある?

「激安」という言葉を目にしますと、どんな商品でも注目し、それが自分に興味があるものであれば、心躍...

スペシャライズドの「VENGE・VIAS」の実力を検証

スペシャライズドのエアロロードバイク「VENGE(ヴェンジ)」は、まだエアロロードバイクが一つのカテ...

路肩と路側帯2つの違いは?自転車はどこを走行すればいい?

自転車の交通ルールが厳しくなったと同時に、自転車はどこを走るのが正しいのか。疑問に思う方も少...

ゼロからわかる!ビアンキのクロスバイク「roma」の特徴

イタリアの自転車メーカーであるビアンキについて、ご紹介します。ロードバイクにmtb、クロ...

ホイールやクランクのスプロケット、ギア比や歯数の違いは?

自転車のリアホイールやクランクに付いている、スプロケットをご存知でしょうか?スプロケットの歯...

自転車で片側1本スタンドはなぜ人気?スタンドの交換方法!

片側1本スタンドの自転車が最近増えてきています。両立スタンドよりも見た目がおしゃれ、というこ...

ムラサキスポーツでストライダーのカスタムを行うのは可能?

ストライダーは販売管理が厳しく、特に日本正規品は販売店舗が限られています。中では大手スポ...

自転車に貼ったシールを綺麗に剥がす方法はあるの!?

自転車に貼っているシールは、ステッカーから、学校指定のものまで様々です。一度貼ってしまったシ...

覚えておいて損はないエンデュランスの礎!メリダ・ライド94

メリダはここ最近でロードバイクに対する力の入れようが凄まじく、10年弱で取り扱う機種数が3倍程度...

オシャレ自転車・マットブラック!洗車とお手入れ方法は?

マットブラックは、高級感があり近年人気のカラーですが、少し前からスポーツ自転車でもよく見かけます...

車道を自転車が走るのは邪魔?一体どこを走ればいいの?

「車道を自転車が走っていて邪魔」と感じたことのある車の運転手はいると思います。しかし一方で、「歩...

ルイガノのクロスバイクの評判は良い?悪い?

カナダの自転車メーカーのルイガノ。クロスバイクを中心にスポーツ自転車を扱っています。ルイ...

ヤマト便で自転車のタイヤを発送!着払いの利用方法と注意点

最近では、ロードバイクなどのカスタマイズが盛んに行われるようになりました。ネットオークション...

スペシャライズドって?2017年版mtbやオススメ商品は?

スペシャライズドって聞いたことあるけど、どんなメーカーなのかは詳しく知らない、という方もいるのではな...

自転車のブレーキはリム形状の「wo」や「HE」で何が変わる?

多くの自転車には、「リムブレーキ」が採用されています。ホイールの外周部分のリムで制動が行...

スポンサーリンク

アルテグラホイールの型番確認

アルテグラグレードのホイールは、品番で見分けることができます。

今では、オークションサイトくらいでしか見かけなくなったのが、リア10速時代の「WH-6700」です。
もし入手される場合は、11速に対応していませんので、注意が必要です。

ひと世代前は、今でも市場に出回っている「WH-6800」です。
位置付けとしては中位グレードで、他メーカーに多くのライバルがひしめくゾーンです。

カンパの「ゾンダ」、フルクラムの「レーシング3」とは、本当によく比較されています。

現在(2017年9月)アルテグラはモデルチェンジをしましたので、ホイールも新しいグレードのものが投入されています。

重量・価格などの面から、WH-6800の後継と見られるのが「WH-RS500」で、仕様も引き継いでいます。

また、アルテグラグレードに限らず、シマノのホイールはカップ&コーン方式のハブを採用しています。

シールドベアリングとの賛否は、永遠に決着が付かない感じです。

ただ、グリスアップや玉押し調整など、メンテナンスに手間が掛かるのは、カップ&コーンの方で間違いなしです。

アルテグラホイールのハブの実力

ホイールのメンテナンスは、振れ取り・スポークテンションの調整などがあります。

もちろん、今後行っていくことになりますが、最初に行うのは、ハブの分解をして清掃・グリスアップということになるでしょう。

ハブはホイールの回転の要になる部分で、ここの性能によって、ギア○枚分走りが変わるなどと言われたりします。

アルテグラのホイールは中位グレードですが、ハブは上位モデルにも、そのまま使用されているほどのものです。

さすがに、ハイエンドモデルの「デュラエース」とは違いますが、回転の滑らかさを伝える声が多いです。

アルテグラの「WH-6800」は、チューブレスタイヤに対応しているので、リムが少し重くなります。
その分を、ハブの回転力でカバーしているとも言えるのです。

ただ、アルテグラに限らず、シマノのデュラエース以外のハブは、グリスアップなどのメンテがいささか面倒です。

それをしっかりこなせるようなら、特にアルテグラくらいのグレードになれば、十分に満足できるはずです。

アルテグラホイールのハブのグリスアップ手順①

では、アルテグラのホイール「WH-6800」のハブの分解をして、清掃とグリスアップをしていきましょう。

後輪ができれば前輪は簡単なので、後輪から行います。
後輪はまず、カセットスプロケットを外すことから始めます。

専用の工具が必要ですが、もし持っていないようであれば、今後のために購入しておきましょう。

スプロケットを固定しているロックリング外しと、回らないように固定する工具が必要で、合わせて2,000円程度で購入できます。

先端にロックリング外しを装着して、固定工具のチェーンを、適当なギアの所に引っかけて固定します。
あとは、ロックリング外しをモンキーレンチで時計回りに回して外します。

ひとつ注意していただきたいのは、ロックリングがかなりきつく締めこまれていますので、結構力を入れないと外せません。

そのときに空回りして、ギアやスポークに手をぶつけて、怪我をしているケースが本当に多いです。
そのため、軍手をして作業した方が良いですし、ゆっくりと力を込めるようにしてください。

アルテグラホイールのハブのグリスアップ手順②

リアホイールからカセットスプロケットを外すと、アルテグラのフリーホイールが現れます。

フリーホイール側と、反対側の両方の先端に付いているナットを緩め、シャフトを抜きます。
アルテグラのホイールでは、ベアリングのボールは1個ずつ単体で、しかもシールで覆われていません。

そのため、シャフトを抜くと、ボールがぽろぽろと落ちてきます。
ボールは13個あるようなので、失くさないように気を付けてください。

1個でもなくなれば、それだけ回転力が落ちると思っていた方が良いです。

まず、フリーホイールの内部ですが、こちらは分解が難しいとの声が大半を占めています。

そのため、詳しい構造も分からないので、パーツクリーナーなどで洗浄するのも避けた方が賢明です。

とりあえず、ベアリングのボールだけ掻き出して、ウエスなどで汚くなったグリスをふき取り、新しくグリスアップしてボールを置いていけば完了です。

ハブの内部はパーツクリーナーで清掃してから、グリスを盛り付け、またボールを1個ずつ戻していきます。

アルテグラホイールの玉押し調整方法

シールドベアリングなら、ハブの清掃をしてグリスアップをすれば、メンテナンスは終了です。

しかし、シマノのハブは、カップ&コーン方式のため、最後に玉押しの調整が必要です。

アルテグラホイールのハブは、「デジタルアジャストシステム」という、誰でも簡単に調整できるものです。

シャフトの先端に付いている玉押しを回して調整しますが、緩すぎるとガタが出ますし、締めすぎるとゴリゴリした感じになります。

グレードの低いベアリングだと、この調整が上手くいかないのですが、アルテグラはそんなことはありません。

ホイールを回転させながら、ちょうど良い部分を探ってみてください。

あとは、カセットスプロケットを戻して終了です。

ここまで、ハブのメンテナンス手順をご紹介してきましたが、カップ&コーン方式のベアリングは、シールド式のように覆われて守られていません。

そのため、ある程度粘度の高いグリスを使用しないと、グリス抜けが起きやすいです。
こだわる必要はないですが、シマノ純正の「デュラエースグリス」なら、まず大丈夫です。

ホイール以外もグリスアップ!

アルテグラホイールのグリスアップをしただけでグリスがなくなることはないので、この際ですから、他の部分も行いましょう。

ベアリングは回転する部分に使われていますので、ホイールの他には、bb(ボトムブラケット)・ペダル・ヘッドパーツなどが対象です。

足回りの重要性は分かっている人は多いですが、忘れがちなのがヘッドパーツですね。

ヘッドパーツのベアリングは、フロントフォークのコラムの上下に装着されています。

コラムのベアリングは支持しているステムを外し、ヘッドチューブから引き抜いてからグリスアップします。

あとは、上記でご紹介したアルテグラホイールの調整と同じように、ステムの上部に付属しているボルトの締め込み度合いで、玉当たりを調整します。

ハンドルの回転がスムーズじゃないと感じたら、ヘッドパーツのグリス切れの可能性があるので、やってみてください。

また、クランクの付近から異音がする場合も、bbのグリス切れの可能性が考えられるので、確認することをおすすめします。

ホイールの性能はメンテ次第で変わります

アルテグラホイールのハブは、シマノの上位モデルにも採用されているほど、レベルの高いものです。

しかし、そのハブを活かすも殺すもメンテ次第ですから、定期的に行わなくてはいけません。

また、注意事項をいくつか書かせていただきました。

その中でも、カセットスプロケットを外すときのケガと、ベアリングのボールの紛失は、とにかく頻繁に起きるので十分注意してください。