ロードバイク好きによる自転車知識の情報ガレージ

ロードバイク好きによる自転車知識の情報ガレージ│わくわく自転車情報館

ランドナーのタイヤ交換時に注意したい互換性と汎用性

2017.10.30

ランドナーと言われて、ピンとくる人は、失礼ながらオールドな自転車ファンの人ですね。

ランドナーは旅行用の自転車として開発されている背景から、荷物を積んだり、未舗装路や林道などを走ることも多いので、タイヤは太めが多いです。

また、現在では旅先でのタイヤ交換を考え、汎用性の高い一般的な規格である、ロードバイクの700Cの規格を採用するものも増えてきています。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

自転車での雪道運転は危険で怖い!走行中の注意点とは?

雪道で凍結している道路は非常に滑りやすく、細いタイヤの自転車はなおさら危険です。 転倒すると考える...

自転車は歩道を通行したり、駐輪することはできるのか!?

街では、自転車が歩道に駐輪されているのを皆さん見たことがあるでしょう。 実際、自転車は歩道に駐...

レベルの自転車は評判が良いってホント?その秘密を大公開!

みなさん、レベルという自転車ブランドを聞いたことはありますか? レベルは、自転車に乗るどの...

キャノンデールのフーリガンをカスタムで仕上げていこう!

キャノンデールの【フーリガン】は、ミニベロです。 以前は、ドロップハンドルのロードバイクタ...

自転車のクロモリフレームの特徴って?重量は重いの!?

自転車のフレームで、よく耳にするクロモリフレーム。 いったいクロモリはどんな素材か? また、...

自転車のサドルを変えたい!交換方法と調整の仕方を知ろう!

ロードバイクに乗り始めたばかりのころは、お尻が痛くなるのはよくあることです。 お尻の痛みには色...

就活用の履歴書の趣味欄でサイクリングをアピールしたい!

就活を控えた高校生や大学生にとって、履歴書の趣味欄が悩みの種という方も多いですよね。 趣味はサ...

105のチェーンリング交換に必要な知識!交換してより快適に

105は、シマノロードコンポーネントの3番目のグレードに当たります。 最近11速化を果たし...

キャノンデールの自転車はサイズが豊富!選び方のコツは?

アメリカを代表する自転車ブランドのひとつであるキャノンデール。 車種の多さもさることながら...

女性で身長170cmは普通?!ヨーロッパの自転車事情

食の欧米化や生活スタイルの変化で、日本人の平均身長は昔と比べて高くなりましたね。 女性でも足が長く...

自転車の2台持ちは贅沢?いろいろと言い訳を考えてみた

自転車の2台持ちで迷う...。 あなたはまだ、引き返せるかもしれません! 私にも、そんな...

京都と長野は意外と近い!?自転車で長野から京都へ行こう!

次はどこに行こう...。 自転車でロングツーリングを趣味にする人にとって、楽しい悩みですよね。 ...

グアムを自転車でサイクリング!おすすめ観光場所は?

グアムを自転車でサイクリングしてみませんか? グアムは日本から、たった3時間程度で行ける、人気...

自転車塗装は意外に簡単!?自分でやってみよう!!

古くなってしまった自転車・・・ 綺麗にしてみませんか? 自転車を塗装すると聞くと難しそうと思...

シュワルベのタイヤを参考にして適性の空気圧を考える

自転車に限りませんが、タイヤには適正の空気圧があり、タイヤ自体に刻印されているものもあります。 ...

スポンサーリンク

ランドナーとは?~今でもタイヤ交換はできる!

ランドナーは、フランス語で小旅行を表す「ランドネ」という言葉に、由来していると言われる自転車の種類です。

ドロップハンドルにダイヤモンドフレームですから、パッと見ればロードバイクと変わりませんが、スペックはだいぶ特徴的です。

まず、旅行に使うということから耐久性が重視されており、フレーム素材はクロモリが多いです。

また、荷物を搭載したり、未開発の地域を走ることも想定されているので、ロードバイクほど前傾姿勢になるようなジオメトリではありません。

太いタイヤを履くためにホイールベースが大きく取ってあるので、直進安定性に優れています。

タイヤは以前、650Aや650Bが主流だったものの、現在では旅先のタイヤ交換に対応するのが難しいなどの理由から、ロードバイクの700Cの規格のものが一般的です。

もちろん、今でも650A、650Bのタイヤも販売されていますから、タイヤ交換は安心してできます。

今現在、ランドナーとして販売しているメーカーは極めて少ないですが、スペック的にはツーリング車が、それに近いものになっています。

ランドナーは輪行を意識したものが多い

ランドナーには上記以外にも、定義とも言える特徴的なスペックがあります。

自転車旅行には欠かせない荷物の積載ですが、普通の日帰り旅行にはないテントや自転車の修理、タイヤ交換の必要性が出たときのための工具や衣類も、通常より多めが理想的です。

そのため、前後にキャリアが標準装備されていて、フレームにダボ穴が切ってあります。

泥除けが標準装備されていますが、これも自転車を持ち運ぶ輪行を想定して、ワンタッチで脱着できるものであったり、真ん中から分割できるものが多いです。

さらにハンドルは、通常のロードバイク用ドロップハンドルだと、握ったときに手が前かごやフロントバックに干渉するため、下が末広がりになっているランドナーバーを採用しています。

あとはブレーキですが、太いタイヤを想定して、カンチブレーキが採用されています。
カンチブレーキは構造上、ブレーキワイヤーを取り外すのが容易なので、輪行向きということもあります。

ほかにも、輪行を意識したものには、ダウンチューブシフターも挙げられます。

正統派ランドナー~アラヤ「SWALLOW Randonneur」

では、現在でも販売が継続されているランドナーをご紹介します。

日本の老舗鋼管メーカー「新家(アラヤ)工業」が手掛けるランドナーは、創業当時の自転車部門のブランド名であった「ツバメ自転車」の名前が入ったものです。

【SWALLOW Randonneur】
クロモリフレーム、メインコンポにシマノ・ティアグラを搭載し、フロント3速、リア10速の30段変速になっています。

アラヤ自社製の650Bのホイールに、パナレーサー38Bのタイヤ、日東のランドナーバー、シマノのカンチブレーキを装備と、国産メーカーの英知を結集した1台になってます。

ドライブトレインはクランク以外はシマノ製で統一し、フリクションタイプのダウンチューブシフターを採用しています。

ブルックス製の革サドルが、高級感を醸し出しています。

もちろん、泥除けとフロントキャリアも標準装備です。

正に「これがランドナーだよ」と教えてくれているかのような、ランドナーのお手本です。

このスペックを参考に、次項からはランドナーのタイヤ交換時に必要な知識をご紹介していきましょう。

ランドナーのタイヤ交換のために規格を確認しておく

先ほども少し触れましたが、ランドナーは650Aや650Bの規格のタイヤが装備されています。

この650という数字は、タイヤの外径をミリメートルで表したもので、A・Bはタイヤの太さを示す記号です。

記号に何ミリまでという制限はありませんが、だいたい、Aが34.925ミリ(1-3/8インチ)、Bが38.1ミリ(1-1/2インチ)とされています。

ところが、自転車のタイヤというのは、規格が複数存在するので、ややこしくなってきます。

ランドナーやロードバイクはミリ表記なのですが、MTBやママチャリはインチ表記です。

そのため、タイヤ交換のときに少し戸惑ったりしますが、そういったときは、ETRTO(エトルト)という統一規格を使います。

現在販売されているタイヤは、すべてにETRTO規格の表示がされているので、互換性がひと目で分かるようになっています。

ETRTOはタイヤの太さと、ホイールのリムにはめる部分のビードの直径をミリ表記するというもので、ホイールとの互換性も明らかになるので重宝します。

例えば、650Bであれば、ETRTOは38-584となり、これに合えば互換性があることになります。

ランドナーはロードバイクに似た自転車ですが、昔ながらのランドナーの650では、現行のロードバイクのタイヤは、ほぼ履けません。

ロードバイクは700Cの規格が一般的で、ETRTOのリム外径は622ミリなので、ランドナーのホイールでは合いません。

ランドナーのタイヤ交換のためにおすすめをご紹介

では、タイヤ交換のためにランドナー用のタイヤを、何本かご紹介しておきましょう。

【Panaracer(パナレーサー):650Bタイヤ コルデラヴィ ランドナー】
参考価格:¥2,100

自転車タイヤの国産メーカーと言えば、パナレーサーです。
現状では、ランドナータイヤの扱いは国産メーカーでは、パナレーサーくらいではないでしょうか。

サイズ・太さともに、往年のランドナーで、センターリッジというMTBとロードバイク用の中間のような用途のタイヤです。

ちなみに、同じ種類で650Aも用意されています。

【パナレーサー:GRAVEL KING SK 27.5×1.90(650B)ツーリングタイヤ】
参考価格:¥5,100

ランドナー用ではありませんが、商品名を見ればお分かりのように、650Bのタイヤなので、ランドナーに適合します。

うたい文句が「未舗装路から舗装路まで」なので、ランドナーの目的には合致していますね。

コンパウンドやタイヤ全面に補強材を施してあるので、耐パンク性や耐久性に長けた作りになっています。
かなり太めのタイヤなので、フレームによっては入らない可能性もあります。

【シュワルベ:MARATHON(マラソン) 650×40B】
参考価格:¥3,900

【Michelin(ミシュラン):WORLD TOUR 650X35B】
参考価格:¥1,500

海外の有名メーカーのランドナータイヤです。

グレードの問題だと思いますが、ロードバイク用よりは、少しお得なものが多い印象です。

タイヤサイズ700Cのランドナーも考えてみる

650ミリサイズのランドナータイヤは多くはありませんが、上記のように品揃えはされています。

しかし、いざ旅先でタイヤ交換が必要になった場合、ほとんどのお店に650ミリサイズのタイヤは、常備されていないと考えた方が良さそうです。

また、後々のグレードアップとしてホイールの交換を考えた場合にも、ランドナーの完成車を販売しているメーカーはホイールを手組みで作っているので、市販されているものがほとんどありません。

650B規格(27.5インチ)のMTB用ホイールであれば、取り付けは可能ですが、MTB用のホイールはランドナー向けとは言えません。

そのため、多くの選択肢を求めるのなら、最初からロードバイクと同じ700C規格のランドナーを選択する手もあります。

もちろん、太いタイヤが履けなかったり、外径が大きくなることで車高が高くなり、荷物の上げ降ろしが大変になるなどのデメリットもありますが、旅行を考えると汎用性は大切ですからね。

汎用性を取るか本来の姿を優先するかが難しい!

今回はランドナーについてタイヤ交換という観点から見てみました。

ランドナー本来の機能を活かし切るには、650ミリサイズのタイヤが良いのですが、マイナーな存在なので、旅先でのトラブルには対応しきれない可能性が高いです。

予備のタイヤとチューブをあらかじめ持っておくか、最初から700Cサイズのランドナーにするか難しいところではありますが、今回のお話が参考になれば幸いに思います。

 - 自転車全般