斬新的なスタイル!タイオガのサドル「スパイダー」を検証!

タイオガという自転車ブランドのサドル「スパイダー」シリーズは、革新的なスタイルと圧倒的な軽量で人気を博しています。

ただ、見るからに賛否両論が入り乱れるであろう独特な形状ですし、値段も格安というわけではありません。

そこで今回は、タイオガのサドル「スパイダー」を見ていこうと思います。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

自転車走行中の坂道、ギアはどう使う?!ギアの特徴を知ろう

自転車についているギアをご存知ですか。あなたは自分の自転車のギアを使いこなせていますか?...

マビックホイールのオーバーホールは自力でやれる?

ホイールのオーバーホールをしたことがありますか?オーバーホールは、それこそ総点検ですから...

自転車のサドルカバー!100均や様々なサドルカバーの特徴

皆さんは、サドルカバーを使用していますか?意外と、使用されていないという方が多いのではないでしょ...

自転車やロードバイクで接触事故を起こしちゃった!

自動車やバイクに乗っている方なら、いつでも接触事故には気を付けていると思いますし、免許を取得する上で...

ロードバイクタイヤ「700x23c」とは?適正空気圧を知る方法

ロードバイクのタイヤ側面をよく見ると「700x23c」「7.0bar」「100psi」といった表記が...

シマノの油圧ディスクブレーキのパッド交換の方法と注意点

MTBは元より、最近はロードバイクにも多くなってきたのが油圧ディスクブレーキです。メンテナン...

女性にオススメ!ロードバイクメーカーランキングと選び方

颯爽とロードバイクに乗っている女性...かっこ良いですよね。そんな人を見て自分も始めてみ...

s-works・allezのインプレ!アルミ最高峰モデルといえるのか

今や、ロードバイクといったらカーボンが主流ですが、アルミならではのキビキビとした軽快感も捨てがたいも...

レース志向が薄くてもよい?アンカーRL8インプレ評価の答え

今回ご紹介する「アンカー・RL8」は、レース志向が薄い、ラフな服装で乗りたい、また通勤などの普段...

フルクラムのレーシングゼロのcultベアリングは良く回る?

フルクラムのレーシングゼロはアルミリムホイールの最高峰です。最高峰というだけあって、色々と特...

マウンテンバイクのクランクの外し方をご紹介します!

マウンテンバイクなどのスポーツ自転車は、動力を車輪に伝えるクランクが、非常に重要な役割を持ちます...

ロードバイクの乗り方で変える?ハンドルの角度調整の方法!

みなさんは、ロードバイクに乗る時、姿勢を気にしたことがありますか?実は、走る目的に合わせて姿...

ロードバイクホイールの王道カンパニョーロ!グレード別一覧

ロードバイクは完成車で購入するにしても、フレーム買いをするにしてもパーツをカスタムしながら自分好みに...

トレックのロードバイクで安い価格の物をどう評価する?

ロードバイクはプロがレースの機材として使用することもあり、価格の安い物が認められない風潮があります。...

性能もUP!ワイヤー交換でロードバイクを快適に!

ワイヤー交換はロードバイクに乗っている上で、避けては通れないメンテナンスの1つです。しかし、...

スポンサーリンク

タイオガとは?

まず、タイオガについてです。
日本では株式会社マルイが代理店ですが、マルイは実質的なタイオガのオーナーです。

このマルイは、SHWINN(シュウイン)やCENTURION(センチュリオン)といった、有名ブランドの自転車の代理店を務めています。

以前は、シマノ製品のアメリカへの輸出を一手に引き受けていたほど、自転車業界で中核を担う会社のひとつです。

タイオガは完成車とドライブトレイン以外は、ほぼ全てのパーツを扱っている有名自転車ブランドです。

今回のテーマであるスパイダーもそうですが、革新的なデザインと優れた機能の両立を信念に持ち、発展を遂げてきました。

元々はBMX車を手掛けており、現在は定番となっているヘッドチューブやフォークコラムのオーバーサイズや、BB一体型のクランクを生み出した、先進的なブランドでもあります。

現在はサドルの他にも、MTB用のタイヤ・ステム・輪行袋などで評価の高い製品が多いです。

どんなサドルを選ぶのか?

スポーツ自転車、特にロードバイクにおけるサドルは、軽さと乗り心地が重要です。

もちろん、どちらも兼ね備えているのが最高です。
有名メーカーの高級サドルは両立できるかもしれませんが、大抵はどちらかに特化しているものです。

なにより軽さが重視されるヒルクライムや、短い距離で勝負するスプリントレースなどでは、カーボン素材でクッション性のない薄っぺらいサドルが選ばれます。

反対に、ツーリングなどの長時間走行や通勤・通学などの街乗りの場合は、お尻に痛みが出ないようにソフトな乗り心地を求め、肉厚でクッション性のあるサドルが適しています。

実際に、タイオガのサドルのラインナップを見ても、そのことがわかります。

スパイダーシリーズのような超軽量で極薄なサドルから、ゲルパッドなどをサドルに注入した、乗り心地重視のコンフォートサドルまで幅広く揃っています。

サドルひとつにもこだわるのが、ロードバイクの面白さなんですね。

タイオガのサドル1番人気【スパイダーツインテール】

では、タイオガのサドル「スパイダーシリーズ」をご紹介します。

【Spyder TwinTail-2(スパイダー ツインテール)】
参考価格:¥13,000

スパイダーシリーズの定番は、このツインテールです。

女性が両脇の髪を結んで、下に垂らす髪型をツインテールと呼びますが、そのように真ん中から後方に掛けて左右に分かれており、その中央をブリッジで連結している形状になっています。

全体が複雑な網目状になっており、スパイダーの名の通り、正にクモの巣のように見えます。

グラスファイバーで補強されたナイロンと、エラストマー添加ナイロンという、違う種類の樹脂を重ねることで、柔軟性と強度の両立を図っています。

また、ツインテール形状は左右にしなり、バランスよく荷重がいくようになるので、疲れの分散ができるようになります。

さらに、テールの部分が反り返っているので、腰がふらつかず、収まりが良くなります。

中空レールにクロモリを使用しているので、耐久性にも優れています。

190gということで、十分に軽量なサドルです。
少し値が上がりますが、中空レールがフルカーボン製のツインテールに至っては120gです。

何より軽さを重視したいという人は、選択肢に入ってくる1品ですね。

タイオガのスパイダーサドルは軽い

タイオガのスパイダーシリーズにはツインテール形状ではなく、ストレートな形状なものもあります。

スペックを見てみると、重量から素材まで何も変わりませんし、価格も同じですので、形が違うだけのものです。

エンド部分が先割れしていないぶん、自由な動きができるのがツインテールとの違いだと思いますが、個人的な好みの問題でもありますね。

また、これまでのものは先に説明した通り、別の種類の樹脂を2枚重ねたものでしたが、1枚の樹脂から作られているぶん、価格が抑えらえたものもあります。

スパイダーシリーズは素材は樹脂で、何より軽量がアピールポイントというサドルです。

冒頭でもお話しましたが、乗り心地や衝撃吸収性が少しは配慮されているものの、根本的にはヒルクライムやスプリント仕様のサドルです。

そのため、ユーザーのインプレでは乗り心地を褒めるものは少ないですし、長時間走行でお尻の痛みが発生していることが多いようです。

軽さを重視すれば、乗り心地を捨てることになるという、典型のようなサドルではないかと思われます。

スパイダーシリーズの偽物に注意

タイオガのサドルスパイダーですが、ネットなどには偽物が出回っているとの情報があります。

上記の通り、ツインテールの正規品は定価が13,000円でしたが、偽物は5,000円前後だそうです。

これだけなら通販サイトの割引率として、あり得る価格なので、もう少しはっきりした見分け方をご紹介します。

◎本物は中空レールがクロモリなので、マグネットはくっつきませんが、偽物はスチールなのでくっつく
◎本物はレールに「Hollow Compositte Alloy」と刻印されていますが、偽物は別の文字が刻印されている
◎本物のレールはチタンの表面がむき出しだが、偽物は何かでコーティングされている

まだまだ見分け方があるのですが、分かりやすい見分け方をご紹介しました。

ただ、最近はマグネットがくっつかない偽物も出回っているようなので、ネット通販では偽物をつかまされる可能性を否定できないかもしれません。

これらの見分け方にしても、ネットで購入する前に分かりません。
ですので、タイオガ製品に関しては念のため、正規品の取り扱いのある実店舗で購入したほうが良いでしょう。

乗り心地ならコンフォートサドル

タイオガのスパイダーは軽量サドルとしては、申し分のない性能を兼ね備えているのは、説明した通りです。

しかし、やはり乗り心地を気にする人は、クッション性の高いコンフォートサドルを選ぶことになるでしょう。

タイオガのコンフォートサドルは、スパイダーシリーズよりは、かなり低価格になりますが、高評価のものが多いです。

【Consensio Aura(コンセンシオ オーラ)】
参考価格:¥3,500

最初に言っておきますが、重量は340gなので、やはり軽さとの両立は難しいということですね。

一番圧力の掛かるエンド端部分に、ゲルパットを挿入して、衝撃吸収を高めています。
また、局部の圧迫感を軽減し、通気性も良くするために、センターに穴が開いている形状になっています。

プラスチックベースの上にフォーミング剤・ゲルパッド・ラバーを一体成型しているので、どこにもつなぎ目が見られない、美しい仕上がりになっています。

これだけのスペックでこの価格なら、コスパは十分高いと思います。
サドルにクッション性を求め、ソフトな乗り心地にしたい人におすすめです。

サドルは用途で選びましょう

今回は、タイオガのサドルをスパイダーシリーズ中心に見てきました。

圧倒的な軽量と走行性能を引き出すことには長けているサドルですが、乗り心地との両立は難しいと言わざる得ません。

個人的には、ヒルクライムやスプリントの決戦用サドルなのかなと思います。