ロードバイク好きによる自転車知識の情報ガレージ

ロードバイク好きによる自転車知識の情報ガレージ│わくわく自転車情報館

eliteのvolanoとmisuroセットで室内トレーニングしよう!

2017.9.10

elite(エリート)のvolano(ヴォラーノ)は音がとても静かなローラー台で、騒音に注意しなければいけないアパートなどでの室内トレーニングに使用すると便利です。

また、volanoだけではなく、センサー通信ユニット、misuro(ミズロ)も揃えれば、もっと便利になります。

「静かなローラー台は欲しいけれど使い方が難しそう」と思いの方は、この記事を参考にしてみてください。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

日本製がいいの?ロードバイクヘルメットの選び方教えます!

ロードバイクに乗っているみなさんは、しっかりとヘルメットを被っていますか? 初めてロードバ...

ワイヤーから解放!シマノの電動コンポーネント「DI2」!

シマノは自転車用コンポーネントのニュースタンダードとなるような革新的な製品を、数多く世に送り出して...

2kmは自転車なら何分?徒歩や車、バスと比べてみた!

もし最寄駅やオフィス、学校からの距離が2kmだったら、あなたはどうやって行きますか? 2kmは...

自転車で危険・迷惑とされる運転行為!自転車の禁止項目は?

自転車は、免許も要らず子供からお年寄りまで、誰でも乗れる乗り物です。 乗っている人が多いためか...

自転車が盗難されてしまったら、見つかる確率は低い!?

自転車の盗難は非常に多く、なんと2割以上の方が、盗難被害にあっている経験があるといったデータが出てい...

105はSHIMANOコンポの中核を担う!2019モデルをご紹介

近年SHIMANOのロードバイク用コンポは、モデルチェンジが一定の周期になっています。 201...

チェーンをパーツクリーナーできれいにすることは可能か?

自転車のチェーンは、いつでも外にむき出し状態ですから、当然、よく汚れます。 そのため、昔か...

ロードバイクのフレームを再塗装、ラインを入れて個性的に

ロードバイクを始めとした自転車、最近本当に個性的なフレームが多く、カラーやデザインも多種多様です。 ...

スポーツ自転車はポジションが重要!ハンドルの高さ調整方法

ロードバイクなどのスポーツ自転車では、そのポジション調整が重要です。 中でも、ハンドルは、高さ...

万能入門機!スペシャライズド「アレーエリート」2018モデル

この記事を読まれる方の中には、スポーツサイクルの、最初の一台目をお探しの方もいることでしょう。 ...

ロードバイクホイールシマノrs81の実力を確認する

ロードバイクのホイールは軽量で高性能なものが多く、非常に需要の高いものです。 中でもアルミクリ...

ママチャリの改造は変速機で勝負!爽快な走りをゲットできる

ママチャリを改造し、クロスバイク仕様に近づける人が増えています。 サドルやハンドル、タイヤを交...

トレックのロードバイクの転換期は2015モデル!その理由とは

トレックのロードバイクは、2015年モデルで大きな転換期を迎えました。 それは、現在総合レーシ...

meridaのreacto4000の2017モデルはどうなのか?

merida(メリダ)は、自転車大国台湾においてジャイアントに次ぐ、第2の自転車メーカーです。 ...

ロードバイクのタイヤは700c!インチに換算してはダメ

いきなりですが、ロードバイクのタイヤサイズは「700c」と覚えてしまってください。 これからお...

スポンサーリンク

びっくりするほど静か!eliteのvolanoを使って室内トレーニング

eliteのvolanoは、静音で使いやすい固定ローラー台として人気があります。

volanoは、ダイレクト・トランスミッション式、またはダイレクトドライブ式と呼ばれるタイプのローラー台です。

その構成ですが、主にスプロケットが付いたフライホイールに、後輪を外したロードバイクをセットして使います。

ダイレクトドライブ式の利点は、とにかく静かなことです。

なぜなら、騒音の源になる、ホイールやタイヤ、ローラーが無いからです。

他のタイプのローラー台は、タイヤとローラーが接触したり、ホイールとローラーの回転音や振動があるため、どうしても音が大きくなってしまいます。

負荷装置もオイル式のため、騒音や振動も控えめで、冷却用ファンも特殊な形になっていて、風切音を減らしてくれます。

実際に使ってみると、聞こえてくるのはチェーンの駆動音とシフトチェンジの音だけで、ローラー台本体からの音はやはり静かです。

隣の部屋に行くとほとんど気になりませんし、床への振動も少ないので、アパートにお住いの場合でも安心ですね。

また、センサー通信できるmisuroとセットで使うことで、より便利になりますが、この点は記事の後半でくわしくご説明します。

eliteのvolanoを使うと、どんないいことがあるのか

misuroのご紹介の前に、eliteのvolanoを使ってみて感じたことを書いていきます。

〇スムーズに負荷がかかっていくため自然に筋力アップ

volanoは、回転数が上がるにつれて、負荷が徐々に掛かります。

この負荷の掛かり方がとても自然なので、ガタつくこともなく、本当に平地を加速しているような感覚です。

また、ダイレクトドライブ式の利点である、タイヤとローラーのスリップが一切発生しない、ということも乗りやすいポイントになっています。

〇スペースを取らずコンパクトに収納

バイクの後輪を外すので、省スペースで置いておけるのも良いですね。

また、使わない時は、ローラー台にセットしたバイクを引き上げてから、壁に立て掛けるという方法も使えます。

この際には、バイクが倒れた時にチェーンリングが当たって怪我をしないよう、ギアをアウターに入れておくのを忘れないでください。

それから、あまり深く壁側に倒すと、volanoとフレームがぶつかり、傷付いてしまうかもしれませんので注意しましょう。

eliteのvolanoの利点と欠点とは?misuroがあると便利

前項の続きを書いていきます。

・室内に自転車を運び込むのが楽

ダイレクトドライブ式のローラー台は後輪は必要ないので、自転車が少し軽くでき、コンパクトに運べるので、例えばアパートの上階まで運ばなくてはならないような場合、楽になります。

・タイヤが消耗しない

後輪のホイール、タイヤは使わないので、タイヤが減ることはありません。

・幅広いホイールサイズ・使いやすさ

ホイールサイズは幅広く、さまざまな自転車に対応しています。
mtbでも使うことができます。

さらにサイズに合わせた高さ調整も簡単です。

足に記載された各ホイールサイズを見て、使用する自転車のホイールサイズの面を下にするだけで、そのタイヤサイズに合った高さになるのです。

また、従来の固定ローラー台では自転車を水平にするためには、前輪をブロックに載せる必要がありましたが、eliteのvolanoは前輪を直に床に置いて、そのまま水平の状態になります。

そのためブロックで調節する手間が省け、準備や後片付けが少し楽になります。

ボルトを一本外すことによって脚を畳むこともできます。

・デメリット

●サイコンのスピードが表示されないこと

しかし、「misuro B+」というセンサー通信ユニットを買うと、bluetoothもしくはANT+で、パワーがスマホなどの端末に送れるようになります。

●別売りパーツが必要

volanoはもともとスプロケットが付いていないので、用意しなくてはいけませんし、カンパの場合は別売りのカンパ専用フリーボディを取付ける必要があります。

misuroのことをくわしくご紹介!セッティング方法は?

次に、気になるセンサー通信ユニット、「misuro B+」のご紹介をしていきます。

「misuro B+」とは、ローラー台のオプションのセンサーで、パワトレしたいときに便利な商品です。

先ほど取り上げましたが、これを取付けることによって、スピードやケイデンス、パワーがBluetoothかANT+でパソコンやスマホに表示できるのです。

そのため、最近多くの人が行うようになったパワートレーニングが手軽にできるようになり、オンラインサイクリングゲーム「Zwift」も楽しめるようになります。

☆セッティング方法

misuro B+は、グレーの小さな四角いボディで、邪魔にならないサイズ感と軽さです。

付属品として、ローラー台に取り付ける用の両面テープ、センサー用マグネット、ボタン電池があります。

まずは、本体に電池をセットして、説明書を見ながら、どのモデルのローラー台でmisuro B+を使うのかを設定しましょう。

この設定が済んだら、eliteのvolanoの中にmisuro B+を入れます。

このとき、volanoのフタに付いているネジは小さく回しにくいので、焦らず丁寧に開けて下さい。

精密ドライバーがあると良いかもしれません。

「misuro B+」や「misuroBlu」を使って効率よくトレーニング!

では、eliteのvolanoにmisuroを取り付ける方法が分かったところで、もう少しくわしく、misuroについてご説明していきます。

先ほどは、misuro B+をご紹介しましたが、実は「misuro Blu」というものもあります。

「misuro Blu」も、misuro B+と同じく、ローラー台にワイヤレスセンサーを搭載して、パワートレーニングできるアイテムです。

昔はインドアトレーニングというと、相当熱血な方か、内向的な方を思い浮かべたものですが、今や最先端の技術によって、逆にスマートにさえ感じるようになりました。

パソコン、スマートフォン、タブレットを使いこなし、ローラー台と連携させてホームトレーニングすれば、自己満足で終わらない客観的なデータが分かります。

また、eliteの「MY E-Training」や、仮想サイクリング「Zwift」も使用でき、飽きることなくトレーニングを続けられます。

仮想サイクリング「Zwift」まで使いこなせるようになると、室内では感じられないようなワクワク感が味わえますよ。

バーチャルリアリティーは、今まさにトレンドです。

その技術もどんどん進歩していますので、是非、体感してみてください。

eliteの「スマートトレーナー」って?misuroによって充実したトレーニング

また、eliteでは「スマートトレーナー」といって、トレーニングデータを送信できるトレーナー機能を付け、そのラインアップを充実させています。

新しいモデルでは、センサーと発信機が内蔵済みのハイエンド機の他、外部センサーによってスマートトレーナーにアップグレードさせることが可能なものもあります。

これに対応しているモデルはvolano、フロード式3本ローラーのE-MOTION、固定ローラー台の定番QUBO FLUIDなどを含む計8モデルになります。

旧式のモデルには残念ですが装着は行えません。

さらに先ほどご紹介しましたが、外部センサーは「misuro B+」「misuro Blu」の2種類があります。

ANT+とBluetooth SMARTプロトコルを使った、ワイヤレス通信を行えるセンサーがmisuro B+で、Bluetooth SMART対応センサーがmisuro Bluです。

こうしたセンサーを搭載することでパワーデータを計測、記録することができるのです。

また、トレーニング用アプリも使えるようになります。
今回取り上げたeliteの「MY E-Training」アプリは、とても便利なのでおすすめです。

パワートレーニングや、仮想現実を走行できる流行りのリアルビデオを楽しめ、屋内トレーニングとは思えない充実した時間を過ごすことができるのです。

税抜価格はmisuro B+が8,660円、misuro Bluが少し安く7,560円になっています。

お手頃価格でスマートトレーニングを始めることができますね。

しかし、使用するトレーナーやアプリによって利用できるデータが異なる場合があるので、よく確認してください。

ローラー台での室内トレーニングをしよう

ローラー台、といって思い浮かべるのは、うるさくて家族や近所に迷惑がかかるといったマイナスイメージですね。

ですが、eliteのvolanoの登場で払拭されたといっても過言ではありません。

後輪を取り外す画期的なシステムで、驚くほどの静音を可能にしました。

また、volanoにmisuroを取付けることによって、スマホなどのデバイスでトレーニングデータを見ることができます。

室内トレーニングなんて退屈、というイメージも古いものになりそうですね。

 - ロードバイク, ロードバイクのおすすめ, 自転車全般