イタリアビアンキの自転車を購入したい!おすすめはどれ!?

ビアンキはイタリアのメーカーだけあって、おしゃれでかっこいいので、見た目で選ぶ人も中にはいるようです。

ビアンキの自転車の購入を考えている人に、街乗りや通勤通学にもおすすめできる、10万円前後クラスのクロスバイクの自転車をご紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

カンパニョーロ等のBB30対応クランクって実際どうなの?

ロードバイクのクランクとフレームを繋ぐBB。ボトムブラケットとも呼ばれていますが、「キャノン...

SHIMANO・CLARISはロードバイクのコンポとして必要十分か?

SHIMANOのロードバイク用コンポにはグレードがあり、CLARIS(クラリス)は正規グレードで...

ピナレロのミドルグレードを支えるGANのインプレ評価を知る

ピナレロは、ここ最近でレーシングモデルの大半がエアロロード化をしました。その様相は一つの...

手ごろな本格レースバイク!アンカー「RS8 エリート」!

アンカーの「RS8 エリート」は、上位モデルのRS9と同じプロフォーマットによって設計されたロー...

シマノコンポセットを安くゲット!中古を選ぶ前に役立つ情報

シマノのロードバイク用のコンポセットにはグレードがあるため価格はピンきりですが、一式導入となれば...

多くの勝利を収めるピナレロにエンデュランスモデルはある?

「エンデュランスモデル」というと、レース志向が薄いモデルと見られがちですが、れっきとしたレースモ...

「デュラエースって何?」シマノのコンポのグレードを解説

ロードバイクのコンポにはグレードがあり、それぞれ重量や性能が異なります。しかし、初心者の方に...

キャノンデールのフレーム保証は永久?それ以外はどうなの?

自転車を購入する際に気になるのが、「保証」ですよね。キャノンデールのフレーム保証は永久!なん...

日本人なら日本メーカー!アンカーのロードバイクをおすすめ

ロードバイクを製造・販売するメーカーは世界に多数ありますが、日本メーカーということになりますと、...

giantのロードバイクでなぜ「ocr3300」が流通するのか

giantのロードバイク「ocr」シリーズは日本では2008年に販売が終了、その後2011年、1シー...

105のチェーンリング交換に必要な知識!交換してより快適に

105は、シマノロードコンポーネントの3番目のグレードに当たります。最近11速化を果たし...

ANCHORのクロモリロードの中で「RNC3 EX」をおすすめするわけ

今回ご紹介するANCHORの「RNC3 EX」は、クロモリフレームの完成車であり、一番下のグレー...

トレックのクロスバイク「ゼクター」が熱い!何が魅力?

トレックのクロスバイク「Zektor(ゼクター)」は、フレーム形状はロードバイクに近いものですが、太...

お手軽改造!クロスバイクのシートポスト交換で軽量化!

クロスバイクを購入して、そろそろどこかいじってみたいな、と考えている方におすすめなのがシートポストの...

giantの初心者向けロードバイク「pace」の特徴を徹底解説!

giantのロードバイクの中で、最もハンドル位置が高いpaceは、フィトネスから、ライトツーリングま...

スポンサーリンク

イタリアのビアンキといえば伝統色チェレステカラー!

イタリアの老舗自転車メーカーであるビアンキは、青のような緑のような色で知られています。
この色はチェレステと呼ばれている色で、イタリア語で青空という意味です。

ビアンキのこのチェレステカラーが目的で、購入したいという人も多いのではないでしょうか?

ビアンキを象徴する色といえばチェレステと言われるようになったのは、いくつかの説があります。
1つは、マルゲリータ王妃の瞳の色という説です。

創業者であるエドアルド・ビアンキが、王妃からのリクエストで王妃の瞳と同じ色にしたというのです。
この説が最も信憑性が高いと言われており、実際にマルゲリータ王妃へ女性用自転車を献上しています。

2つ目の説としては、第一次世界大戦の後、大量に余った軍事用の塗料がオリーブグリーンだったという説です。

実際にイタリア軍の戦車はオリーブグリーンだったのですが、この余った塗料を薄めて使ったという説があります。

3つ目の説は、ビアンキの職人がミラノの空の色を見て、決めるというものです。

これは、1つ目の説でも言われています。

イタリアの自転車ビアンキを購入するならおすすめは?①

イタリアの老舗自転車メーカービアンキを購入するなら、どれがおすすめなのでしょうか。

ビアンキにはCAMALEONTEシリーズやROMAシリーズ、CIELOシリーズなどがあります。
定番と言えるのはCAMALEONTEシリーズです。

・CAMALEONTE 1 ALU ALTUS / ACERA 8SP
クロスバイクを初めて購入する場合などにおすすめです。
参考価格は、税抜きで68,000円とお手頃な価格です。

・CAMALEONTE 6 ALU / CARBON SHIMANO TIAGRA 10SP
予算的に余裕がある方には、ぜひおすすめしたいです。
フォーク・バックフォークにはカーボンが採用されており、段変速のフロントチェーンホイールも採用されています。
参考価格は、税抜きで165,000円と高めですが、自信を持っておすすめできる1台です。

・001 ROMA ALLOYフォーク TIAGRA 10SP DISC
ROMAシリーズであり、制動力の強いディスクブレーキが採用されています。
雨が降っても安心して乗ることができます。
参考価格は、税抜きで112,000円です。

・001-2 CIELO ALTUS 8SP
CIELOシリーズであり、参考価格が税抜きで68,000円です。
コストパフォーマンスの良さには定評があり、トラブルも少ないので街乗りにはおすすめです。

イタリアの自転車ビアンキを購入するならおすすめは?②

イタリアの老舗自転車メーカービアンキを購入するなら、まだまだおすすめがあります。
METROPOLIやNIRONE、LUPO、KUMAあたりもおすすめです。

・METROPOLI GENT ACERA 7SP
クロスバイクですが、マウンテンバイクかと思うような太いタイヤが使われています。
ブレーキには油圧式ディスクブレーキが採用されており、泥よけやキャリアも付いています。
クロスバイクですが荷物も積めますので、思わず旅に出たくなっちゃいます。
参考価格は、税抜き73,000円とお手頃価格です。

・VIA NIRONE 7 ALU CLARIS 8SP COMPACT
初めてのロードバイクにおすすめしたいです。
2015年モデルはフレーム剛性がアップし、カッコよさに走りもプラスされました。
参考価格は、税抜きで93,000円です。

・LUPO DISC TIAGRA 10SP
シクロクロスに属する自転車ですので、レースには不向きですが、通勤などの街乗りには最適です。
パンクにも強いので安心して乗れます。
参考価格は、税抜き125,000円です。

・KUMA 29.1 Shimano ALIVIO 3x9sp
山をガンガン走りたい人におすすめの1台です。
マウンテンバイクには油圧ディスク採用なので、コントロール性能に優れています。
天候の悪いときには持ち前の威力を発揮します。
税抜き87,000円です。

イタリアのビアンキ自転車の評判は??

ビアンキは1885年にイタリアで創業された老舗メーカーであり、120年を超える歴史があります。
1885年は自転車が発明された年であり、自転車そのものの歴史と同じ世界最古の自転車メーカーということになります。

ビアンキと言えばクロスバイクと言われているほど、クロスバイクの人気が根強いメーカーです。

ビアンキの代名詞であるチェレステがオシャレで、オシャレに乗りこなしたい方にとっては最高のメーカーです。

オシャレですが、走行性能も良く、乗り心地も抜群です。
ロードバイクのような走行性も兼ね備えたクロスバイクと言ってもいいでしょう。

ビアンキのクロスバイクは、10万円前後のモデルが多いです。
10万円以下のモデルが中心ですので、一般的なクロスバイクは8万円前後で購入できます。
もちろん30万円ほどのモデルもありますが、10万円の予算であれば、性能面でも問題なく購入できます。

ただし、入荷台数が少ないので、納期が遅くなることがあるようです。

女性にビアンキの自転車はなぜ人気が高い!?

ビアンキは女性からの人気が高いメーカーです。
ビアンキに限らずヨーロッパのメーカーは女性からの人気が高いようです。

ヨーロッパは背の高い人が多いところですので、実はヨーロッパのメーカーは背の低い人が乗りやすいような自転車は、あまり作っていないのです。

女性が乗りやすいような自転車に力を入れているのはGIANTやTREKなどがあります。
150cmほどの身長の人も乗れるような自転車を作っており、女性の獲得に力を入れています。

GIANTやTREKと比べてしまうとビアンキには、身長の低い人が乗るような自転車は少ないですね。
そのため日本の女性にとっては、乗りやすいメーカーとは言い難いです。

ダマ・ビアンカという女性に向けたシリーズがありますが、小さいサイズが揃っているのかと思いきや、フレームサイズは普通のモデルと同じに作られています。

サドルが女性向けであり、色も普通のモデルとは違いますが、違いはそこだけです。

色で言うと、女性に一番人気の自転車の色は白です。
次いでシルバーや黒が続き、カラフルな赤や青と続くのです。

しかし、ビアンキのチェレステは美しい色なので女性にも人気がある色です。
先程もお伝えしましたが、イタリア語で青空という意味であるチェレステの通り、絶妙な美しさです。

自転車の性能だけではなく、チェレステカラーが女性人気を高める理由であり、女性にも購入されている理由とも言えるでしょう。

ビアンキの自転車を購入する際は用途に合わせて選ぼう

ビアンキの特徴と言えば、ほとんどの自転車を自社の工場で生産しているところでしょう。
多くの自転車メーカーは、コストを下げるために台湾などの海外で生産していたり、他の自転車メーカーにOEMしています。

そんなところもビアンキが価値のあるメーカーであると言えるポイントではないかと思います。

ビアンキの自転車にはクロスバイクの他にもロードバイクやマウンテンバイク、折りたたみ自転車もあり、目的に合わせて選ぶことができます。

代表的なCAMALEONTE以外にもROMAやLUPOなど多くの人気モデルがあり、自転車選びには迷ってしまうほどです。

基本的には目的や用途で選びます。
ビアンキのMETROPOLIというモデルであればジャンルは、クロスバイクですが、ロードバイクのような見た目であり、オフロードへも対応できるように設計されています。
ロードバイクとマウンテンバイクの、それぞれの良いところを合わせた自転車になっています。
このように、モデルによって違った特徴を持っています。

また、ビアンキは決して安い自転車ではありませんし、人気のあるイタリアのメーカーですので、購入後は保険に入っておくと安心です。

いろんな保険がありますので、保険会社に問い合わせてみるといいでしょう。

ビアンキは圧倒的な高いデザイン

ビアンキを選んだ人の多くは、デザイン性に惹かれたの人も多いのではないでしょうか??

それほど、ビアンキのデザイン性は高く、多くの人から支持されています。

またデザインだけでなく、性能もいいのが、さすがビアンキですね。