ロードバイク好きによる自転車知識の情報ガレージ

ロードバイク好きによる自転車知識の情報ガレージ│わくわく自転車情報館

ツールドフランスの自転車の価格は一体いくらなの?

2017.1.29

ロードバイクのレースと言ったら、ツールドフランスは外すことが出来ません。

メーカーもこのレースに合わせて持てる全テクノロジーを注ぎ込んでロードバイクを作っています。
ということは自転車の価格もそれだけ高いということです。

では、販売価格は一体いくらのでしょうか。

今回は、ツールドフランスに使用されている自転車の価格をご紹介していきます。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

メリダ・スクルトゥーラ100の2018は上位にも引けを取らない

メリダのエースロードバイクの「スクルトゥーラ」ですが、アルミフレーム車のフレームに関しては、どの...

ピナレロの礎を築いた!2019年プリンスがフルモデルチェンジ

ピナレロの2019年モデルですが、ホームページにも製品が記載されるようになり、その陣容が明らかに...

ロードバイクのフレーム塗装を補修する!再塗装も考える

ロードバイクに慣れないうちは倒してしまったり、ビンディングペダルを装着しているのを忘れてしまい、降車...

スペシャライズドの2018ターマックスポーツの実力はいかに?

スペシャライズドの「ターマックスポーツ」は、カーボンフレームのリア11速車です。 グレードはカ...

ロードバイクのタイヤ交換にタイヤパウダーは必要!?

ロードバイクのタイヤを交換する際、チューブとタイヤがくっついていて、剥がれにくいという問題が起きたこ...

自転車のアルミフレームは再溶接不可?アルミについて知ろう

最近は、カーボンフレームも増えてきましたが、スポーツ自転車ではまだまだアルミフレームも人気があります...

ビアンキ・オルトレがオールラウンダーに!インプレ評価は?

創業100年を超えるイタリアのビアンキは、日本ではクロスバイクやミニベロなどの街乗り車のイメージ...

ロードバイクのフレームの適正サイズ!サイズが大きいと?

ロードバイクでのフレームなどのサイズ選びはとても重要です。 大きいものや小さいもの、サイズが合...

大きく変わる!ピナレロの2018モデルと2019モデルを比較する

秋の時期ともなると、各メーカー、ブランドの2019モデルが出揃い、そろそろ店頭にも並び始めていま...

ミドルグレードのベストセラー!PINARELLO「FP QUATTRO」回顧

PINARELLO(ピナレロ)は創業して60年以上の歴史がありますので、時代時代にラインナップを...

メリダスクルトゥーラ100は買いなのか?判断基準を評価する

メリダのエースロードバイクと言えば「スクルトゥーラ」ですが、今回はその中でも最も価格の安い「スク...

ロードバイクのサドルにゲルパッドで快適!おすすめ商品紹介

ママチャリしか乗ったことのない方が、初めてロードバイクに跨った際にまず驚くのが、サドルについてではな...

シマノのチェーンリングを交換する!方法や効果は?

ロードバイクのクランクにはフロントギアとしての役目もあり、そのギアである「チェーンリング」と一式...

スペシャライズドのアレーはハイグレードアルミ「E5」を採用

「Allez(アレー)」は、販売開始から40年以上が経過している、スペシャライズドの中で最も歴史の古...

ロードバイクのディスクブレーキ化!メーカー別おすすめ機種

MTBやクロスバイクでは完全に主流となっているディスクブレーキですが、その流れがロードバイクにも押し...

スポンサーリンク

ツールドフランスの自転車の価格はいくら?

世界最大級の自転車レースであるツールドフランスに出ているような自転車は、チームの上位ライダーの体格に合わせてオーダーメイドでフレームから作ることもあって、1台あたりの価格は天井知らずといったところです。

そのため、チーム全員分フルオーダーというわけではなくサポート要因やペースメーカー要因であればチームレプリカという量産型の自転車を使用しています。

チームレプリカであれば提供している自転車メーカーから毎年フラッグモデルとして発売されています。

GIANTの「Advanced T-Mobile」だと参考価格は、約70万円、キャノンデールの「SuperSix Ultimate」だと参考価格は、約140万円で購入できます。

しかしながら量産といっても市販車としては、天井知らず、かなり高価です。
その価格の高さはコンポーネントというよりはフレーム設計・製造・解発の費用が原因となっています。

また、最高級モデルでないと十分な性能がないというわけではありません。
自転車競技用として各メーカーから出ている最低モデルの15万円程度のものでも性能は極端に低くありませんし、キャノンデールの現在の最下位グレードの「CAAD9」は、5、6年前の最高クラス、最高のフレーム設計だったもので実績も十分です。

ツールドフランスに出場した、キャノンデールチームの自転車の価格

ツールドフランスで出ている自転車メーカーのキャノンデールテームが使用している自転車についてご紹介します。

キャノンデールの「SUPERSIX EVO Hi-MOD」はシンプルなホリゾンタルフレームのオールラウンドモデルです。
参考価格は、約1,350,000円です。

フランスのピエール・ロランがツールドフランスで使用しました。
実際に供給された自転車にはスペシャルペイントが施されていて、他のメンバーも新しいカラーのバイクを使用しています。

コンポーネントは、シマノの「DURA-ACE Di2」がメインで、クランクはキャノンデール純正の「Hollowgram SiSL2」です。
パワーメーターにクランク式のSRM、計測データはガーミンのEdgeシリーズに表示させています。

そして、ステージに合わせて、セラミックスピードの「OPWS」というプーリーケージ、特殊コーティングチェーン「UFO」、パーナーのビックプーリーケージを使い分けています。

ホイールはマヴィックからサポートで、「COSMIC ULTIMATE」と「COSMIC PRO CARBON SL T」の2つを使い分けて、タイヤはマヴィックのロゴがあっても現行ラインアップにはないトラディショナルなものを採用しています。

ハンドル・ステム・シートポストはFSAの最上位グレード「K-Force」で、サドル・バーテープはフィジークです。

リドレーチームの自転車の価格

ツールドフランスで出ている自転車メーカーのリドレーテームが使用している自転車についてご紹介します。

リドレーの「NOHA SL」はフレームセットだけで参考価格は、約40万円です。
ロット・ソウダルというチームが使用しています。

このフレームはエアロロードモデルで、他にも軽量オールラウンドモデル「HELIUM SL」、エンデュランス(長距離)志向の「FENIX SL」の3車種をリドレーは供給しています。

平坦なステージで「NOAH SL」、登りを含むステージでは「FENIX SL」、そのようにステージによって使い分けることもありますし、その一方で、ベルギーのトーマス・デヘントは「HELIUM SL」だけを使用し、フランスのトニー・ギャロパンは「NOAH SL」だけを使用するというように1車種だけを使い続けるライダーもいます。

コンポーネントは、電子式であるカンパニョーロの「SUPERRECORD EPS」を採用し、パワーメーターはプロご用達のSRMを採用しています。

ホイールもカンパニョーロからの供給の「BORA ULTRA」シリーズです。
タイヤは、コンチネンタルの市販のものより、ハイグリップなコンパウンドを使用したプロ供給専用モデル「COMPETITION PRO LTD」です。

サーヴァロチームの自転車の価格

ツールドフランスで出ている自転車メーカーのサーヴァロテームが使用している自転車についてご紹介します。

「S5 Dura-Ace Di2」は、ディメンションデータという自転車チームで使われています。
参考価格は、約140万円です。

山岳ステージでは、区間優勝を決めたこともあるエアロロードです。
総合系のオールラウンダーというよりは、スプリンター(短距離向け)に採用される傾向があります。

また、ノルウェーのエドヴァルド・ボアッソンハーゲンのバイクは、ノルウェーチャンピオン仕様のカラーリングとなっています。

コンポーネントは、シマノの「DURA-ACE Di2」をメインにしており、KMCのチェーン、セラミックスピードのBB&プーリーを組み合わせています。

パワーメーターは、左右の出力を計測できるクランク式新型モデル「2INPOWER」です。

ホイールは、エンヴィのフロント48mm・リア56mmの「4.5」、それからフロント・リア25mmの「2.2」をメインに、ステージに応じて使い分けています。

タイヤは、コンチネンタルのプロ供給専用モデル「COMPETITION PRO LTD」です。

ハブは、DTスイス240S、クリスキング、フルカーボン製のエンヴィが混在しています。

ルックチームの自転車の価格

ツールドフランスで出ている自転車メーカーのルックテームが使用している自転車についてご紹介します。

「795 LIGHT」は、ワイルドカードで出場した地元フランスのフォルトゥネオ・ヴァイタルコンセプトが使用しました。
参考価格は、約65万円です。

一般的なキャリパーブレーキに対応しており、エアロブレーキを採用している「795 AEROLIGHT」は整備面の都合からチームでは採用されませんでした。

ペダルもルックのもので「Keo Blade」を採用しました。

パワーメーターは、ペダル式の「Keo Power」です。

コンポーネントは、シマノの「DURA-ACE Di2」をメインに、クランクはルック独自のBB規格である「BB65」を採用しています。

チェーンリングは、ストロングライドとプラクシスワークスのものが混在しています。

ホイールは、アメリカンクラシックなものです。

ハンドル・ステムは、ルック「795」専用品です。
本来ならばコンポーネントの「DURA-ACE Di2」のジャンクションがステムに内蔵されるのですが、整備性を高めるためにもステムの底面に設置しています。

サドルは、セライタリアの「TEAM EDITION」です。

ツールドフランスを見に行くための旅行費の価格

ツールドフランスには、キャノンデールの他、様々なメーカーが自転車を供給しており、それぞれの自転車を見にいくだけでも楽しると思います。

海外で開催される大会なので、日本から見に行くとなると一番手っ取り早いのが観戦ツアーへの参加です。
目的がツールドフランスに限定されているため一緒に参加する方々とも話が弾むことでしょう。

観戦ツアーの価格ですが、夏のバカンス期と重なるため高くなります。
旅行会社が提供するツールドフランス観戦ツアーを例に取ると12万円ほどかかります。
航空券代が含まれていないのにその価格です。

ツアー定員は20名であることが多く、ツアー日程は色々あって選択できるのですが、どれも満員御礼ということなので人気の高さが窺えます。

また、ツールドフランスに限定しない旅行もあって、パリを巡る10日間の旅行なら航空券も含めて約60万円、さらにツールドフランスの1ステージをコースとしたエタップ・デュ・ツールというレースへの参加とツールドフランスの観戦をセットにした52万円のツアーもありますが、どちらにしろ大変高価だと言えます。

ツールドフランスで使用する自転車は高級車

チームで使用する自転車を紹介しましたが、びっくり価格です。

軽自動車が買えてしまう程の価格のものもあり、驚いている人もいるのではないでしょうか。

それだけメーカーは自転車にあらゆるテクノロジーを駆使しています。

今回紹介した自転車を買える人は相当なお金持ちか、自転車に全てを捧げている人ではないでしょうか。

自転車は高級車ともなると、とんでもない金額になることが分かって頂けたかと思います。

 - ロードバイク, ロードバイクの特徴・種類